安藤梢が白クマのぬいぐるみと一緒に筑波大を表敬訪問

写真拡大

 日本女子代表(なでしこジャパン)のFW安藤梢が15日、女子W杯の結果報告のため筑波大を表敬訪問した。

 筑波大人間総合科学研究科OGの安藤。女子W杯ではグループリーグ初戦のスイス戦で左足首を骨折し、途中離脱を余儀なくされたが、チームは決勝まで勝ち上がり、安藤も再合流を果たし、ベンチから試合を見守った。

 結果は準優勝だったが、自身の不在時に“代役”として戦った白クマのぬいぐるみと一緒に訪問し、大会の様子やチームを離れたときの心境などについて語った。


●女子W杯2015特集