ドラえもん デジタル版イメージ/(C)藤子プロ・小学館

写真拡大

藤子・F・不二雄さん原作の漫画『ドラえもん』初のデジタル版が、小学館の公式電子書籍販売サイト「コミック小学館ブックス」ほか各Webサイトにて、7月15日(水)より配信される。

【『ドラえもん』全45巻が初のデジタル配信! カラー版や大長編もの画像・動画をすべて見る】

小学館の漫画単行本レーベル・てんとう虫コミックスから刊行された『ドラえもん』のデジタル版全45巻と、同作を再編したデジタルカラー版のvol.1から141までを一挙に配信。価格は通常版が各400円(税抜)、デジタルカラー版が各200円(税抜)となっている。

日本が世界に誇る大人気漫画作品


『ドラえもん』デジタル版表紙/(C)藤子プロ・小学館

『ドラえもん』デジタル版表紙/(C)藤子プロ・小学館



『ドラえもん』は、1970年から小学館が発行する学年別学習雑誌をはじめ、小学生向けコミック誌『月刊コロコロコミック』などで連載され、今年で連載45周年を迎える大人気漫画作品。

『ドラえもん』デジタル版/(C)藤子プロ・小学館

『ドラえもん』デジタル版/(C)藤子プロ・小学館



国内累計発行部数は1億部を越え、TVアニメや映画などでも幅広く展開。さらに国内だけでなく、海外でも日本を代表する漫画として広がり、世界中の人々に愛される作品となっている。

デジタルカラー版表紙/(C)藤子プロ・小学館

デジタルカラー版表紙/(C)藤子プロ・小学館


デジタルカラー版/(C)藤子プロ・小学館

デジタルカラー版/(C)藤子プロ・小学館



今回は、原作者の藤子・F・不二雄さんが掲載する作品や掲載順を選出した、てんとう虫コミックス刊『ドラえもん』全45巻を配信。

さらに、藤子さんの著作を収録した漫画全集『藤子・F・不二雄大全集』の中から『ドラえもん』のデータを使用し、全コマに美しくデジタル彩色を施したデジタルカラー版のvol.1から141までが一挙に配信される。

今後は、長編アニメ映画の原作として『月刊コロコロコミック』で連載され、『のび太の恐竜』など多くの大ヒット映画を生んだコミックス「大長編ドラえもん」シリーズのデジタル化も予定されている。