ジョギング・ランニングをする主な目的

写真拡大 (全4枚)

 株式会社インテージは、最近1年以内にジョギングやランニングを行っている、全国の20歳〜69歳の男女2,037名を対象に「ジョギング・ランニングの実態調査」を実施した。

 同調査で、ジョギング・ランニングをする主な目的を尋ねたら、51.7%の人が「健康管理・体力維持」と回答してトップに。そのほか、「美容・ダイエット(15.5%)」や「自己研さん(9.7%)」という回答も多かった。

 そこで、健康管理・体力維持のために、ジョギングやランニングを行っている人に、実施頻度と1回当たりの走行距離を聞いてみると、実施頻度が「月に1回以下」は21.5%、「週に5回以上」は9.0%、1回当たりの走行距離は「1〜3km程度」が35.9%、「3〜5km程度」は40.3%だった。

 また、「美容・ダイエット」のために、ジョギングやランニングを行っている人に実施頻度と1回当たりの走行距離を聞いてみたら、実施頻度が「月に1回以下」は33.2%、「週に5回以上」は6.3%、1回当たりの走行距離は「1〜3km程度」が43.4%、「3〜5km程度」は33.9%だった。

 このほか、ジョギング・ランニングをするためのグッズ購入の年間支出金額を調査したら、平均金額は16,318円だったが、全体の4割近くが「支出0円」と回答。なお、健康管理・体力維持のために走っている人のうち、年間支出金額が「3万円以上」だった人は15.6%、美容・ダイエットのために走っている人のうち、年間支出金額が「3万円以上」だった人は13.0%いた。