専門誌では読めない雑学コラム
【木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第12回】

 私、以前はゴルフ倶楽部のメンバーで、バックティー競技にも参加していましたが、現在はできることならば、死ぬまで距離の短いレギュラーティーでラウンドしたいと思っております。

 題して、「生涯レギュラーティー宣言」。これを、高らかに謳(うた)いたいと思います。

 何ゆえ、レギュラーティー宣言なのか? 

 そもそもアマチュアの飛距離は、大して進歩していない、という事実があります。30年前、ジャック・ニクラウスがまだ活躍していた頃の、プロのドライバーの飛距離は約260ヤード。しかし現在、アメリカツアーでは300ヤードが当たり前の世界です。

 では、アマチュアはどうでしょう? 30年前、おそらく200〜210ヤードぐらいだったんじゃないですか。今でも、せいぜい220ヤードぐらいと見ています。

 昔は、アマとプロの飛距離の差は、今ほどなかったのです。ひょっとしてプロに近づけるんじゃないかと思って、アマチュアの人もバックティーから打っていました。だいたい昔のコースのバックティーは短くて、全長6700〜6800ヤードが平均でした。

 けれども、今のトーナメントコースは、改造を重ねて全長7000ヤード超えがざらです。これじゃ、アマチュアが打っても、打っても、グリーンに届かないわけです。

 アマチュアは何で飛ばないのか。そこを書くとキリがないので細かく触れませんが、強いて挙げれば、ドライバーの高反発規制(2008年)の影響をモロに食らったのが、アマチュアと言えます。

 プロは、ヘッド、シャフト、ヘッドスピード、ミート率、ボールなどで規制に対応してきました。でもアマチュアは、そんなものをフィットさせてくれる、コーチやフィッターもいませんから、飛ばないまま。要するに、コツをつかんでないのです。

 しかしながら、ゴルフは飛ばない人もそれなりに楽しめる、ティーグラウンドを選択できる制度があります。それを使わないテはありません。

 例えば、バックティーで430ヤードのドッグレッグコースに臨むとします。その場合、コーナーにあるバンカーまで250ヤード。その辺のアマチュアでは、なんぼ打ってもかすりさえしませんが、390ヤードのレギュラーティーからならば、バンカーまで210ヤードと、アマチュアにとっては、ちょうどいい距離加減です。ドライバーがちゃんと当たれば、バンカーに突入、見事設計者の意図を汲(く)む、ゴルフと相成ります。

 バックティーとレギュラーティーの違いは、ティーグラウンドの位置です。

 もし飛ばし屋と、そのバックティーから430ヤードというミドルホールを一緒にラウンドすると、ティーショットでおよそ30ヤードは置いていかれますかね。それが、セカンドショットでハンデとなります。飛ばし屋は、残り180ヤード。ミドルアイアンで届く距離です。片や、こっちは残り210ヤードと、物理的に2オンはしません。これじゃ、ゴルフはつまらないですよね。

 でも、レギュラーティーで打った場合、ティーショットをいいところに置けば、セカンドショットからはかなりいい状況でプレイできます。うまくすれば、2オンも可能かもしれません。第一、グリーン周りなんか、バックティー使用時と条件は100%一緒です。当たり前っちゃ、当たり前ですけどね。

 それでは、何で「バックティーでやろう」と、誘ってくる人がいるのでしょうか。それは、単に自分は飛ぶので、有利な状況に持ち込んで、勝ちたいだけです。だって、飛ばない人で「バックティーでやろう」なんて言う人、見たことないですから。

 あと、ゴルフ業界全体の"飛距離アップ主義"でしょうか。とにかく、「これは飛ぶ!」と言ってやれば、ドライバーやボールなどの商品が売れるからです。その延長線上に、飛ぶ証として、「いつかはバックティーからラウンド」という思想があるのです。

 ですから、私のように「飛ばなくていい」という考えは、ゴルフ業界においては、危険思想の持ち主となります。だって、それを言っちゃ、おしまいですから。

「ゴルフにおけるティーグラウンドの選択権は、上手い人、すなわち飛ぶ人にある」――そういう暗黙のルールがあるようです。

 強き者がますます有利になるって、なんかおかしくありませんか?

【プロフィール】
■木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa