絶対に口には出さないけれど、彼女にして欲しい「8つのコト」

写真拡大

大好きな彼氏のために、料理をふるまったり、サプライズプレゼントを考えたり。好きな人のためにやりたいことは多いけど、何をしたら喜ぶのかわからない、と悩んだことのある女性もいるのでは?
でも、もし男性が喜ぶことが、意外と些細なことだったら?繊細な恋愛心理を突くことから、男女問わずファンが多いJames Michael Sama氏。彼が自身のブログで、男性が密かに好きなことについて語っています。

付き合い始めたばかりでも、長い付き合いのカップルでも関係なく、男性が好きな女性の行動があります。それは深く考える必要のない、誰にでも簡単にできることばかり。ここでは、数ある中で男性がされるとうれしい8つのことを厳選して紹介します。

01.
頭を胸の中にうずめて
甘えて欲しい

th_shutterstock_112953226

最高だと感じることの一つは、テレビを見るためにソファに横になった時や、疲れきった1日の終わりにベッドに入った時に、彼女が胸に頭をうずめて腕を回してくることです。
自分の腕の中で安心していることが分かると、男として彼女を守っているような喜びを感じるのです。

02.
面倒くさがるのは“フリ”
積極的なメールは大歓迎

どうやって女性と会話を始めようかわからず、常にプレッシャーを感じている男性も多くいます。強引にいくべきか、丁寧なメッセージを送るべきか分からず、考えすぎた末何も送れないこともしばしば。
男性は愛されていることを感じたい生き物。だから女性の方からメールを送ってみてください。彼の1日は1通のメッセージだけで輝いていくでしょう。

03.
感謝の言葉は
ちゃんと口に出して欲しい

二人の関係のために常に努力している彼氏は、彼女からの感謝の言葉を待っているかもしれません。もちろん、女性の行動から感謝の気持ちを読み取ることができる男性もいますが、鈍い人が多いのも事実。ありがとうの言葉は、彼の心をくすぐりほっこりさせてくれるのです。

04.
ちょっと危険だけど、
運転中に髪をなでて欲しいth_shutterstock_229736875

私の彼女がこの行動をするまでは、これがどれほど効果的なものか分かっていませんでした。
女性が車の助手席に乗った時、彼氏の頭の後ろに手を伸ばして髪で遊んでみてください。笑顔になることは保証します。(とはいえ、事故になるので運転中の彼の気を散らしすぎないように!)

05.
SNSで「素敵な彼氏」を
アピールして欲しい

過剰になり過ぎてもいけないですが、もし彼があなたのために素敵なことをしてくれたら、それについてみんなに自慢してみて。例えばあなたが仕事から帰った時、彼氏が即席でつくってくれた夕飯の写真を撮って、SNSで紹介してみては?
愛情をまわりに共有してくれていると感じて、嬉しくなるのです。

06.
男性だって
話を聞いてもらいたい!

話を聞くということは、ただ受動的になることではないことを女性はよく知っています。実は能動的なことであり 、努力も必要なのです。
毎日の仕事や、高い目標に向かっていく中で男性はしばしばストレスを抱えています。そんな時にしっかり座ってアイコンタクトをとりながら、真剣に話を聞いてみてください。そんな彼女の姿をみると、真剣に自分の事を想ってくれているんだと嬉しくなるのです。

07.
外出時は必ず
メッセージが欲しい

彼女が女友だちと出かけるのはNG。もちろん他の男性と出かけるなんてありえない。そんな嫉妬深い男性の話を聞いたことがあります。彼女を信用した関係性を築かなければならないと思いますが、その不安も理解できます。

気にせず楽しんできてね、とあなたに言ってくれる成熟した男性と付き合っている場合でも、出かけている時に彼氏にメ ールしてあげてください。その一通で、彼は笑顔になり、外にいる時でも自分のことを想ってくれているんだと安心できるのです。

08.
些細な愛情表現は
決して嫌じゃない

th_shutterstock_97464482

人前で彼にとびつく必要はありませんが、小さな愛情表現はとても大切。例えば、歩いている時に手をつなぐこと、スーパーで並んでいる時にハグしたり、パーティーにいく時のように彼の腕に腕を絡ませて歩くこと。
そういった行動から、彼女のことをより近くに感じようになります。ささいな愛情表現が、長い関係を築いてくれるのです。

男性を喜ばせるのは、意外と簡単です。男性が幸せを感じるのに多くのことは必要ありません。そこに、ロマンチックな演出はいらないのです。
彼のポケットにメモを入れたり、テレビを見ている時に頬にキスをしたり。小さなことですが彼氏だけでなく、あなた自身も笑顔になれますよ。

Licensed material used with permission by jamesmsama