アイアンの切れ味で距離の短いコースを制圧!(撮影:ALBA)

写真拡大

 国内男子の新規トーナメント「ミュゼプラチナムオープン」を制した金庚泰(キム・キョンテ)(韓国)。距離は短いものの、長いラフによりフェアウェイキープが求められるコースでアイアンが冴え渡った。
 そのアイアンだが、3番から5番はキャビティバック、6番から9番はマッスルバックと異なるものを使用している。その理由をキョンテは「ロングアイアンは難しいからキャビティバックにしてます」とのこと。
 そう語るやさしい3番アイアンは、最終日の16番のティショットで「フォローの風が来てたから昨日までのスプーンではなく3番を握りました。風に乗ってPWで大丈夫な距離まで飛ばすことができた」と優勝を決めるバーディに大きく貢献。
 また、マッスルバックの6番以下も大活躍。「距離の短いジャパンメモリアルゴルフクラブで一番活躍したのは6番から9番のショートアイアンです。今大会ではパー5ではあまりバーディが獲れなかったけど、その分パー4で獲れたのは彼らのおかげです」と相棒たちをねぎらった。
 シーズン2勝目一番乗りの金庚泰(キム・キョンテ)のセッティングは以下の通り。
【金庚泰(キム・キョンテ)のクラブセッティング (Whats in the Bag)】
<ドライバー>
タイトリスト 915D2
(ロフト:8.5度 シャフト:TourAD MJ-6 フレックスX 45インチ)
<フェアウェイウッド>
タイトリスト 915Fd (13.5度)
<ユーティリティ>
タイトリスト 915H (18度)
<アイアン>
タイトリスト 714CB(3〜5I)
タイトリスト 714MB(6〜9I)
<ウェッジ>
タイトリスト ボーケイデザイン SM5(48度、52度)
タイトリスト ボーケイデザイン TVD(58度)
<パター>
オデッセイ ホワイト・ホット ツアー iX #5 センターシャフト
<ボール>
タイトリスト Pro V1

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】岩田寛、聖地行きをつかんだ信頼のクラブセッティング
キョンテが制した『ミュゼプラチナム』の最終結果をチェック!
日本勢大奮闘!『米国女子オープン』の最終結果は
『全英オープン』の公式サイトがオープン!
人気女子プロの秘蔵フォト満載!「写真館」