すでに今月もピンチ!? お金が貯まらない理由と注意ポイント4つ

写真拡大

結婚や出産、子育て、老後の資金など、将来のことを考えて貯金することは必要ですが、頭ではわかっていても、実際はなかなかうまくいきません。では一体、お金が貯まらない人にはどんな特徴があるのか、働く女性に聞いてみました。

■小金を使っている
・「細かい無駄遣いが多すぎるし家計簿の管理ができていない。自覚がないまま浪費」(32歳/学校・教育関連/営業職)
・「コンビニとかでちょこちょこお金を使っている。少しの金額なら平気と思ってそうだから」(29歳/建築・土木/事務系専門職)

コンビニで飲み物を買ったり、食後にコーヒーを飲んだりと、小額の買い物をちょこちょこしていると、1ヵ月のトータルでけっこうな金額を出費していることになります。本人は特に気にも止めず、無意識に買い物をしていることが多いため、いつまで経ってもお金は貯まりません。まずは毎日どれくらい小金を使っているのか、把握することからはじめましょう。

■貯金額を決めていない
・「貯める具体的な目標がないから。自分は目標があるからこそ続けられているので」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)
・「毎月の貯金額を決めていない。残った分が貯金、というふうにしていると結局たまらない」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

具体的な数値目標がないと、人は貯金しないもの。毎月いくら貯金するかを決めて、給料が入ったらすぐに別口座に移動させるなど、強制的に使わないようにすることが成功の秘訣です。少しずつお金が貯まると、貯金が楽しくなりますよ。

■固定費が高い
・「家賃や携帯代など月々の支払いが多いと、収入が多くてもたまらないと思うからです」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

家賃や携帯代金など、自分の収入に見合っていない額を毎月支払っている人は、なかなか貯金が貯まりません。今の生活スタイルは変えられないのかをもう一度よく考えて、節約できる部分はないかを考えることが大切です。持ち物を減らし、今よりも小さめの家に引っ越すだけでも、家賃の差額分が貯金に回せるのです。

■自制心に欠ける
・「自制心が足りない。収支を把握していない。まわりにいるお金を貯められない人がそんなタイプだから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「意志が弱い。貯金には絶対手をつけないという固い意志が重要だと思うから」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「浪費癖がある。衝動買いとかほしいものは何でも買ってしまう人はお金が貯まらないと思うから」(22歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お金を貯めるのが苦手な人は、ほしい物があると衝動買いに走ってしまうことが多く、物欲をコントロールすることが難しいようです。特にクレジットカードを使う人は要注意。お金を使っている意識があまりないので、思っている以上に使っていることもあります。買い物をする前に、本当に必要な物か、長く大事に使える物なのかをじっくり考えて、本当にほしいと思ったものだけを買う癖をつけましょう。

いつも貯金がうまくいかないと思っている人は、複数の項目が当てはまったのではないでしょうか? 毎月の目標貯金額を決め、ムダな出費を減らしてコツコツ貯めていくようにしましょうね。

(蒼井ニイナ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数236件(22歳〜34歳の社会人女性)。