やまざき・けんと '94年9月7日、東京都生まれ。'10年、俳優デビュー。現在、NHK連続テレビ小説『まれ』にも出演中。映画『ヒロイン失格』が9/19公開予定。

写真拡大 (全3枚)

大学生・夜神月(やがみらいと)と天才探偵・L。そこに名前を書かれた者は必ず死ぬデスノートを巡る二人の対決を描いた、原作、アニメ、映画版のすべて大ヒットを記録した『DEATH NOTE』が、10年の時を経て、連続ドラマとして甦った。

注目のキャストは、窪田正孝さんが月、そして、Lには山崎賢人さん。人気作なだけに、撮影が始まるまでは、大きなプレッシャーを感じたそう。

「アニメも映画も、リアルタイムで観ましたし、ファンのみなさんがそれぞれのキャラクター像を持っているので、簡単には演じられないというか。撮影に入るまではぐるぐる悩 んで、悩んで。でももう、一周まわって吹っ切れています。僕が悩んでいてもしょうがないって。今は前向きに、Lを演じられること自体を楽しんでいます」

とはいえ、新しいLを作り上げる過程では、試行錯誤の毎日が続く。「楽しみつつ、苦しみもある」現場で奮闘する山崎さんを勇気づけてくれる存在が、窪田さん。

「窪田くんも、悩みながら月をやっていることは知っているんですけど、僕には『悩むねぇ〜。大丈夫、大丈夫! やれるよ』って言ってくれて。すごく助けられてます。他の出演者にもスタッフにも気を使う人なので、気持ちのいい現場。前に共演したドラマでは、みんなでご飯を食べに行ったらご馳走してくれて。そんな男らしいところもあるんです」

ドラマが目指すのは“新たなデスノート”。原作にないオリジナルストーリーが盛り込まれ、キャラクター設定も、独自のものになっている。

「月は、超天才というよりも、人間らしくて親しみやすいキャラクターになっています。Lと秘書のワタリとのやり取りにはシュールだけど笑いがあって、シリアスなドラマではあるけど、ホッとひと息ついてもらえるんじゃないかなと思います」

これまでの月とL像だと、山崎さんがより似合うのは月なのでは、という声も聞かれるけど…?

「周りからも『逆っぽいよね』って言われたんですけど、実際の僕はクールなLっぽいですね。どっちを演じるか選べるとしたら? 物語は月目線で描かれるから、感情移入しや すいですけど、Lは個性的で見ていて面白いじゃないですか。演じていてもやりがいを感じてますし、う〜ん…。自分では選べないですね」

山崎さんといえば、昨年大ブームとなった“壁ドン”の元祖。今年に入ってからは連続テレビ小説『まれ』のハグやキスシーンで、朝から女性たちをドキドキさせまくりだけど、シリアスな『デスノート』では、胸キュンシーンは封印…?

「月には(アイドルの)ミサミサとのロマンティックなシーンがありますけど、Lは…。あ、でも、裸にはなってます。Lは、シャツにちょっとシミができただけですぐに着替える潔癖症なので、よく脱ぐんです。シャワーシーンもありますよ」

重大な情報をサラリと話す山崎さん。なんでも、シャワーシーンは窪田さんといっしょだとか。日曜夜に二人の肉体美を見たら、月曜日が来る憂鬱さも飛んでいきそう!

◇やまざき・けんと '94年9月7日、東京都生まれ。'10年、俳優デビュー。現在、NHK連続テレビ小説『まれ』にも出演中。映画『ヒロイン失格』が9/19公開予定。

◇平凡な大学生・夜神月は、偶然手にしたデスノートで、次々と犯罪者たちを裁いていた。彼に対抗する天才探偵・Lに、危険分子のニアも交えた壮絶な戦いが繰り広げられる。毎週日曜22:30〜、日本テレビ系列にて放送中。

※『anan』2015年7月22日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・伊藤省吾 ヘア&メイク・永瀬多壱(VANITES) インタビュー、文・小泉咲子 《anan編集部》