Doctors Me(ドクターズミー)- デスクワーク中に最適!今すぐできる、首・肩コリ解消ケア

写真拡大 (全2枚)

こまめなストレッチで痛みを予防!

痛みを伴うこともあるツラ〜い首や肩のコリ。それらが原因の頭痛(緊張型頭痛)もあるので、症状が悪化する前に、しっかり改善しましょう! 今回は、そんな首から肩にかけての不快な症状改善に役立つ簡単ケアをご紹介。

簡単3ステップ♪首・肩コリ解消ストレッチ!

STEP1:両腕を20秒ほど上に伸ばします。

STEP2:首を右に傾けて、右手を左耳に回して左の首をストレッチするように頭を右側に倒します。この時、左肩は下に押し下げるように意識。反対側も同様に行いましょう。

STEP3:右腕を左腕で抱えて腰を左側にひねります。反対側も同様に。


POINT!:
痛みを感じてからではなく、痛む前からこまめに行うことが症状を悪化させないポイントです。

正しい姿勢でデスクワークを

STEP1:イスに深く腰をかけて背すじを伸ばす。イスの高さはヒザと足首が90度になる位置に調整する。

STEP2:パソコンのディスプレイは、上端が目の高さと同じか、それよりも下になるようにして、目線が下に向くようにします。目とディスプレイの間は40cm程度離しておくのが理想。

STEP3:キーボードはヒジの角度が90度になるように置く。そして、「Hキー」と「Jキー」がディスプレイの中央にくるように配置すると、自然な動きで操作できます(ノート型パソコンの方は、ヒジの角度だけ気をつけましょう)。

POINT!:
現代人にとって、パソコンは仕事でもプライベートでも手放せない必需品快適かつスムーズに仕事をこなすためにも、正しい姿勢で操作をしましょう。姿勢の崩れが肩・首コリの原因なのです。

マッサージよりも温める!

首・肩コリを改善すべくマッサージをしている方は多いでしょう。たしかに一時的には、すごく気持ちがよいものです。しかし、じつは筋肉の細胞をつぶしているというのをご存知でしたか? マッサージを行う際は、細心の注意が必要なのです。
安全かつ効果的なの方法は、やはり温めること。患部を温めることで血流が良くなり、痛みの原因物質を流すことができます。
お風呂に、ゆっくり入ったり、温めたタオルを首や肩周辺に置くという方法なら自宅でも簡単にできますね! 適度な運動を毎日続けることも血流促進に役立ちます。肩・首を支える筋肉を鍛えるエクササイズもコリの改善に有効です。

どれも日常の中に取り入れやすく、かつ効果をすぐに実感できるものもあるので、早速試してみてください!

このコラムを読んでいる人にオススメの記事

繰り返す“こむら返り”に要注意!
自律神経が乱れると、 あらゆる不調があなたを襲う…
最近、スカートがキツくなってきた…。卵巣膿腫が原因かも?
ホントは危険!?関節を鳴らすことの真実!
ぶつけた覚えはないのに、アザが…!? もしかして病気のサイン?
筋肉痛を和らげる3つの方法!

代々木公園で感染? 話題の"デング熱"について4つのチェック!

○みんなの相談
我慢汁(カウパー腺液)でも妊娠はしますか…?
単なる不正出血なのか妊娠なのか… わかりません
基礎体温が下がった場合妊娠ではなく、生理ですか?