Doctors Me(ドクターズミー)- 老人をお風呂に入れる際に注意したいことは?

写真拡大

“リスクを伴う”のが入浴

入浴はひとつの楽しみでもありますが、高齢者にとっては危険なことも多く、さらに介護をしている側には一番の負担になりやすいものでもあります。老人をお風呂に入れる際に注意したいことを考えてみましょう。

健康状態により、介助の方法は大きく異なる

立つ、歩く、座る、姿勢を保つ、浴槽をまたぐなどの動作と、自分の身体、頭、腕、胸、腹、背中、お尻、足などを洗うという、入浴に必要な動作が自分でどこまでできるのかによって、介助の仕方や注意すべき点も変わってきます。

これらが完全に自分でできる人には、
・浴室や脱衣所に必要なもの以外を置いていないか
・床が濡れていたり、滑りやすくなっていないか
・脱衣所と浴室の温度差が大きくないか
・裸になったときに寒くないか
・着替えやタオルなどの必要物品はそろっているか
・道具が本人の使いやすい位置にあるか
などを注意深く確認しましょう。

体勢を崩したり、洗い残しがあった場合にすぐに手助けができる場所で見守ることも必要になってきます。

入浴に手伝いが必要な場合は?

入浴するにあたり手伝いが必要な場合には、上記の安全確認とともに、以下の3点に注意しましょう。
・本人の爪や手などを浴室内にぶつけたり、引っかけたりしないように、また、皮膚に傷をつけたり、本人が痛くない程度で体を洗う
・本人の体勢が崩れないように椅子や手すりなどを利用し支える
・介助をする側が足を滑らせることのないように注意する

そしてこれらが全く自分でできない場合には、タオルを濡らして目の周りや耳を拭いたり、口や鼻にお湯が入らないように注意するなどが必要になります。

入浴前に注意したいこと

入浴する前に、体調を確認することも重要です。
・熱がないか
・血圧が高い人は最高血圧が160を超えていないか、低い人は100を下回ることがないか
・話をしているとき、しっかりと受け答えができているか、ろれつが回っているかなどの意識の確認
・顔色は悪くないか
・吐き気や頭痛などの症状がないか
食事と水分がいつもより少ない場合には、入浴することで脱水状態になる可能性もあるため、注意が必要です。また入浴中は顔色や意識の確認したり、話をしたりすることも有効です。

入浴には身体チェックの目的も

入浴の目的は身体をきれいにするだけでなく、身体の健康状態をチェックするにもよい機会です。皮膚に赤みや傷がないかの確認や、寝ていることが多い人は床ずれの早期発見もできますし、本人が気づいていない傷も発見できる場合もありますので、入浴の際には健康状態を確認するようにしましょう。