Doctors Me(ドクターズミー)- あなたならどうする?最愛のペットが亡くなった時

写真拡大

いつかやってくるペットとの別れ……考えたことはありますか?

家族同様に暮らしてきたワンちゃんやネコちゃんが亡くなることは本当に辛く、悲しいことです。
犬や猫の寿命は15年程。ほとんどの方が最愛の子の最期に立ち会わなくてはならないのです。心のどこかではわかっていてもいざそのときがくると、簡単に心の整理が付くはずはありませんね。

今回は避けては通れないいつの日か来るお別れのことを少し考えてみたいと思います。

ペットを失った飼い主さんが陥る「ペットロス症候群」とは!?

この言葉をお聞きになったことがある方もいらっしゃるかと思います。
ペットの死が直接の原因で、精神的に激しく落ち込んでいる状態が続いてしまうことです。ただ、落ち込まない人はいないのです。ペットの死を乗り越えることは簡単なことではありません。

しかしながら、日常生活が送れなくなるほどの大きな精神的ショックをうけてしまうこともあります。
それは、飼い主さんに「後悔の気持ち」がわいてしまうからです。いなくなってしまったという寂しさだけでなく、もっとこうしてあげればよかったなどの、やり尽くせなかったような自分を責めるような感覚が強くなってしまうのですね。それは、愛が深いからこそ起こるものです。

悲しみを乗り越える方法はある?

ではどのようにしたら、乗り越えていくことができるのでしょうか?
そのことは考えないようにして別のことに打ち込みますか?
こんな思いはしたくないから、二度と動物を飼わないことにしますか?
それでは、本当の問題解決にはなりませんね。

家族であったペットは、飼い主さんと過ごせてどんな気持ちだったのでしょう。
楽しく幸せであったのではないでしょうか。たくさんの楽しい思い出を思い出して、家族になってくれたことに感謝してあげてください。そして今はこの世にはいないという事実を受け入れてあげることです。

悲しいのは当たり前です。愛していたからこそおこる感情ですから。時間をかけて気持ちを落ち着かせましょう。
家族になってくれてありがとうと、たくさんの楽しい思い出をありがとうと心から思えるときは必ず来ます。