海外セレブも美容のために飲んでいるという“スピルリナ”を知っていますか?スピルリナは藻類の一種ですが、非常に生命力が高く、栄養素を豊富に含んだスーパーフードとして注目されています。ここではアンチエイジングを始めとする、スピルリナが持つ驚異の効能をご紹介します。

スーパーフード“スピルリナ”ってどんな成分?

スピルリナは藻類に分類される緑色の植物です。35億年前に誕生したと言われるとても生命力の強い生き物で、凝縮された栄養を持っているため、食用にも薬用にも使われています。その効果は、国連も“健康のための食材”として摂取を推奨しているほど。大豆よりも多くたんぱく質を有し、必須アミノ酸のフェニルアラニンやビタミンB群、鉄分、30種類以上のミネラルまで含んでいますが、スピルリナに含まれている栄養素はそれだけではありません。

“スピルリナ”の強い抗酸化力に注目!

抗酸化成分として知られるβ-カロテンやビタミンEが豊富に含まれているのがスピルリナの特徴です。特にβ-カロテンの含有量は多く、スピルリナを5g摂取しただけで、緑黄色野菜を300g食べるのと同じくらいの量のβ-カロテンが含まれています。また、葉緑素のひとつであるクロロフィルも抗酸化力の高い成分。これらの成分を含むスピルリナを摂取することで、アンチエイジング効果が期待できます。そして、スピルリナに含まれる成分で、さらに注目されるのが核酸です。核酸は体内で新しい細胞が産まれるときに必須の成分。核酸を摂取することで、新陳代謝が活発になり、細胞からエイジングケアができるのです。

“スピルリナ”の効能はもっとある

スピルリナ効果・効能はアンチエイジングだけではありません。スピルリナには食物繊維も豊富に含まれています。ダイエットの大敵は便秘。スピルリナを摂取することで、腸のぜん動運動が促され、便通が良くなる効果が期待できます。一緒にコレステロールや中性脂肪、脂質を排出する働きもあるので、肥満予防にも効果的なのです。

美容や健康に嬉しい効果がいっぱいのスピルリナは、サプリメントとして摂取することができます。緑黄色野菜に含まれる栄養が多いので、食事が不規則になりがちな方や栄養が偏っていると感じた時は、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。


writer:岩田かほり