仕事の日のランチのとり方

写真拡大 (全5枚)

 カカクコムが運営するランキングとクチコミのグルメサイト「食べログ」は、ビジネスパーソンの外食ランチ事情について、外食ランチの頻度や予算、人気ジャンルなど、約1万人の有職者(会社員・公務員・経営者・自営業など)を対象に、アンケート調査を実施した。

 仕事の日ランチをどうとっているかについて、1週間の中で最も頻度が高い項目を聞いたところ、回答者全体では、外食とお弁当の割合が各29%で同率になった。男女別で見ると、外食する男性は35%、女性は19%と、男性の外食比率の方が高い結果となっている。女性は4割が弁当派で、特に若年層ほど弁当比率が高いことがわかった。

 外食ランチの平均回数/週は、全体で1.8回、男性は2.1回、女性は1.4回と、男性の方が女性より外食ランチの頻度は女い結果となった。頻度の分布を見ると、「週1日」(32.5%)が最も多く、外食ランチを全くしない日も3割近く
にのぼっている。男性は「週4〜5日」「ほとんど毎日」合わせて3割近くおり、ほぼ毎日が外食ランチという人も多かった。女性は「週1日」が 37.6%となり、男性よりも外食ランチの回数を抑えている結果となった。

 「外食ランチをしない」と答えた人(28.2%)に、外食ランチに行かない理由を聞いたところ、トップは「外に食べに行く時間が取れない」(44.7%)で、「節約」を大きく上回る結果となった。特に女性では「外に食べに行く時間が取れない」人が50%以上にのぼっている。

 外食ランチ予算は、全体のボリュームゾーンが「700〜1,00 円」で 52.8%を占めた。男女別でみると、女性の方が予算多めで、男性は 1,000 円以内に抑える傾向となっている。特に1,000円以上の割合は女性41.0%、男性18.6%という結果になり、女性は頻度を抑えて1回のランチにお金をかける傾向にあることがわかった。また、食べログの利用頻度別に見てみたところ、「ほとんど毎日」「週に2〜3回程度」と、食べログの利用頻度が高い層ほど、1,000円以上の割合が多い結果となっている。