『王家の紋章』帝劇でミュージカル化!音楽は『エリザベート』のシルヴェスター・リーヴァイ、演出は元宝塚の荻田浩一

写真拡大

 1976年の開始から、来年で連載40周年を迎える少女マンガ『王家の紋章』のミュージカル化が決定した。帝国劇場で2016年8月に上演される。

【関連:2015年東宝『エリザベート』に日本初演女優・花總まり、ファン待望の出演決定!勿論シシィ役】

王家の紋章

 音楽は『エリザベート』『モーツァルト!』を手掛けたシルヴェスター・リーヴァイ、演出は宝塚歌劇団出身の荻田浩一が担当。
そして主演は今回帝劇初主演となる浦井健治が古代エジプトの若き王・メンフィスに決定している。

 他にも、ヒロイン・キャロルはWキャストで宮澤佐江(SNH48/SKE48)と新妻聖子、ヒッタイトの王子イズミルもWキャストで宮野真守と平方元基、キャロルの兄ライアンは伊礼彼方、メンフィスの姉アイシスは濱田めぐみ、エジプト宰相イムホテップは山口祐一郎に決定している。

 『王家の紋章』は月刊プリンセス(秋田書店)で連載中の、細川智栄子あんど芙〜みんによる少女マンガで、古代エジプトにタイプスリップしたキャロルと、若き王メンフィスとの恋を描いた大河ロマン。7月16日には最新60巻が発売される。