加齢臭は中年男性や高齢者特有の臭いだと思っていませんか?実は女性でも40代や閉経後になると体の臭いが気になってくるという人がいます。加齢臭はなぜ起こるのか、加齢臭対策はどうすればよいのかを考えてみました。

加齢臭の原因はノネナール

加齢臭の原因になるのは「ノネナール」。ビールやそばの匂い成分で、油臭さと青臭さが混じり合った臭いをもちます。40 才までは少ない脂肪酸9-ヘキサデセン酸が加齢により体内に増加。ノネナールは、汗腺近くの皮脂腺から分泌する 9-ヘキサデセン酸が酸化したり、皮膚の常在菌リパーゼによって分解されたりすることでできる成分です。ちなみにビールや日本酒などのアルコールに含まれるアルデヒドからもノネナールが生成されます。頭に加齢臭を感じる人が多いのは、頭部に皮脂腺が多く存在しノネナールがより多く生成されるからです。

加齢臭防止には清潔が一番

加齢臭を防ぐには、余分な皮脂や常在菌を取り除くため、体や下着・衣類を清潔にすることが一番です。体臭、口臭、頭臭、たばこの臭いなどと混じり合って臭いがきつくなるのにも注意。汗はそれ自体には臭いはありませんが、そのままにしておくと雑菌が衣類で繁殖して臭ってきます。下着や衣類を清潔に保つように心がけましょう。シャンプーを何度もする人がいますが、肌に必要な皮脂まで洗い流すことになるので、洗髪は1日1回にとどめましょう。シャンプーやトリートメントの洗い残しや髪の生乾き状態は菌のすみかになります。しっかり洗いながしてください。

加齢臭対策にはポリフェノール

ワインに多く含まれるポリフェノールは抗酸化・抗菌作用をもちます。緑茶やてん茶などにはポリフェノールの一種であるカテキンが含まれまれていて、加齢臭対策としてお茶を飲むのは効果的です。ポリフェノールを多く含む柿渋が効くともいわれますが、お茶や柿渋のエキスで頭皮や肌をパックするのもよいでしょう。抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEを含む食品を選んで食べるなど食生活にも気を配ることも必要ですね。


writer:松尾真佐代