iPhone/iPadと本格的な撮影が可能に

写真拡大

写真編集ソフトウェアなどを扱うフランスのDxOは、iPhoneに接続するカメラ「DxO ONE(ディーエックスオー・ワン)」の先行予約を始めた。出荷は2015年第4四半期の予定で、価格は7万9900円(税込)。

専用アプリで絞り、シャッタースピードなどを設定できる 動画撮影も

iPhoneやiPadのLightningコネクターに接続。iPhoneのディスプレイをファインダーとして利用し、一眼レフカメラ並みの画質で撮影できる。高さ67.5ミリ、重さ108グラムと軽量・コンパクトで、ポケットやハンドバッグなどに入れて持ち歩ける。カメラはプラスマイナス60度まで回転でき、様々な角度での撮影に対応する。

撮像素子に有効2020万画素の1型センサーを備え、F1.8の明るいレンズを搭載する。35ミリ判換算の焦点距離が32ミリ相当の、可変6枚羽根虹彩絞りの非球面レンズを採用。補完や補正を行わないRAW画像や動画撮影も可能。無料の専用アプリで絞り、シャッタースピード、ISO感度などを設定できるほか、カメラのファームウェアアップデートにも対応する。記録メディアはmicroSDをサポート。

期間限定で写真編集ソフト「DxO OpticsPro」、「DxO FilmPack」が付属する。