若々しさを保つ成分として“シリカ”に注目が集まっています。シリカは、自然界の岩石や粘土、土などに多く含まれる成分でケイ素とも呼ばれています。どうしてこのシリカが、人間の美や健康に関係があるのでしょうか?

“シリカ”は体内でこんな働きをする

シリカは体内でも皮膚や骨、毛髪、爪、血管などさまざまなところに広く存在し、中でも皮膚の含有量が最も高いと言われています。体内のシリカの働きはコラーゲンの生成を助けること。つまりシリカがモチモチお肌やツヤのある髪の毛に関係していると言えるのです。また、シリカにはコラーゲンを支えて弾力をもたらすエラスチンを束ねる働きもあります。それによって肌の保水力がアップして、より弾力のある肌を作ることができるのです。

シリカが多く含まれる食べ物って何?

シリカは加齢とともに減少し体内で生成できないので、食べ物から摂取する必要があります。シリカを多く含む食品は、キビや小麦、玄米などの穀類や、ジャガイモ、ヒジキ、ワカメなどですが、現代の食生活で、大人1日当たりの摂取量9mgを満たすのは難しい側面もあるのです。できるだけたくさんシリカを摂取するために、主食のご飯を玄米に代えてみてもいいでしょう。シリカはコンドロイチンと一緒に摂ると、皮膚のコラーゲンを生成させやすいと言われます。コンドロイチンはオクラやナメコ、長芋などのネバネバした食材に多く含まれている成分。玄米食の副菜に、ネバネバ食材を積極的に食べるのもいいですね。

シリカの含有量が高いフィジーの水に注目

シリカにはカルシウムの吸収を良くする働きもあるので、シリカが不足すると骨粗しょう症などを引き起こすとも言われます。シリカを手軽に摂取するために、サプリメントやミネラルウォーターの利用を考えてはいかがでしょうか。今特に注目されているのが、フィジー産のミネラルウォーターです。フィジーは火山岩が多いため、シリカの含有量も豊富。日本でも九州産のミネラルウォーターにはシリカが多く含まれていると言われていますよ。


writer:岩田かほり