新ターミネーターが好スタート、全国737スクリーン公開で40億円目指す。

写真拡大

アーノルド・シュワルツェネッガーがアイルビーバックしたシリーズ最新作「ターミネーター:新起動/ジェニシス」が、7月10日より全国737スクリーンで公開され、7月11日(土)と12日(日)の週末2日間で、興行収入5億1,572万300円、観客動員35万2,748人のスタートを切った。

この「ターミネーター:新起動/ジェニシス」のオープニング週末興行収入は、最終興行収入53億8,000万円を記録し2012年度洋画興行収入No.1作品となった「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のオープニング週末興行収入の91%という成績。

そして、2014年公開の「トランスフォーマー/ロストエイジ」(最終興行収入29億1,000万円)のオープニング週末興行収入比では106%と、興収40億円に向けて好スタートとなっている。

劇場には30年間続く「ターミネーター」シリーズの往年のファンから、10代、20代の若い男女を含む幅広い世代の観客が訪れ、賑わっていた。