作品も音楽も食も楽しめる!東京ビッグサイトで日本最大級のハンドメイドの祭典

写真拡大

アクセサリーや雑貨など、最近は手作りの面白さにはまっている女子が増えているとか。そんなDIY女子におすすめの、ハンドメイドのクリエイターが集結する日本最大級の祭典をご紹介。

2015年7月25日(土)と26日(日)に、「HandMade In Japan Fes 2015(ハンドメイドインジャパンフェス2015)」が東京ビッグサイトで開催される。3回目を迎える今年は、会場規模が昨年の2倍になったこともあって、過去最大となる全国約5000名の4000ブースが出展するそう。

「クリエイターエリア」と呼ばれる屋内の会場は、個性豊かな作品が並ぶ「マーケット」と、伝統工芸や人気クリエイターの作品づくりを体験できる「ワークショップエリア」、そしてクリエイターが目の前で絵を描きあげて行く姿が終日見られる「ライブペインティングエリア」の3エリアで構成されている。さらに屋外には開放的な「ミュージック&プレイエリア」があって、楽しみが盛りだくさん。

「ワークショップエリア」の注目は、最高のクリスタルブランドである「スワロフスキー」の「Create Your Style(クリエイト ユア スタイル)」のブース。こちらでは、クリスタルの展示のほか、アクセサリーづくりのワークショップを開催。スワロフスキー・クリスタルを使ってカスタマイズできるアクセサリーの販売もあるとか。

「ワークショップで興味を持って、そこから作家デビューしたというお客様もいますよ」と、広報担当の宮崎さん。

また、屋外の「ミュージック&プレイエリア」には、人気アーティストの「bird」さんをはじめ、多彩なゲストが終日音楽で会場を盛り上げてくれるライブステージや、各地から厳選された手づくりの味を楽しめるフードエリアが。

「屋外スペースには32種類のキッチンカーが登場しますし、室内の会場でもスイーツなどが食べられます。今年から始まった『ファーマーズエリア』には、フレッシュな旬の野菜や果物、焼きたてのパンなどもありますので、ハンドメイド作品はもちろん、音楽も食も楽しみながら一日を過ごしていただけると思います」(同)

「前売り券」1000円、「当日券」1200円の入場料で1日楽しめる同イベントでは、ものづくりに情熱を傾けるクリエイターの熱気を、間近に感じられるはず。さまざまな作品に刺激を受けたら、手作りにチャレンジしたくなってしまうかも。