「あたりまえ」を疑う──未来のデザイナーたちが教えてくれたこと #WXD

写真拡大

WIREDが仕掛けた1カ月にわたるデザインムーヴメント「WXD(ワイヤード・バイ・デザイン)」。ラストを飾った「WXD Conference」には、これからのデザインを見つめる「未来のデザイナー」8人が国内外から集結した。彼らの豊かなヴィジョンから見えてきたのは、この見慣れた世界を再発見するユーモラスなアイデアと、考え、つくりながら既存の思考を拡張していく独自の方法論だった。

「「あたりまえ」を疑う──未来のデザイナーたちが教えてくれたこと #WXD」の写真・リンク付きの記事はこちら

すべてのものが「デザイン」される時代になった

複雑に変化しつづける現代において、単なるモノのかたちから、産業、交通、個人の時間や体験、バイオテクノロジーの最先端研究に至るまで、ありとあらゆるものが「デザイン」の対象となってきた。

しかし、この表現はあまり正しくないのだろう。「デザイン」とはそもそも、この世界に存在するモノ・コト・ヒトと、大きな意味での「社会」とをつなぐ〈見えない橋〉のようなもの。この「見えない橋」をどこに、どうやってかけるかを古今東西のデザイナーたちは考え続けてきた。

6月6日、青山・スパイラルホールで開催された1dayカンファレンス「WXD Conference」の冒頭で、『WIRED』編集長の若林はこう切り出した。

「ここ最近、デザインって言葉が課題解決の万能ツールのように受け取られがちで、ちょっとうんざりすることもある。振りかえってみると、『デザインとはどういう問いを立てるか』ということに尽きるだろう。だが、それが最も難しいんじゃないだろうか」

「問いを立てる」ということは、すなわち、いまあるものを鵜呑みにせず、独自の視点で見つめ直すということ。そこに、デザインの本質があるのではないかと若林は言う。今回、この場に集ったさまざまな領域に属する「未来のデザイナー」たちの言葉には、どんなヒントがあったのだろうか。

つくりながら、直感的に問いを立てる

「新たな問いを立てる」という手法をはじめに語ってくれたのは、テクノロジー・デザイナーであり、さまざまなガジェットやプロダクトから、モノと体験のデザインを生み出すガディ・アミットだ。

彼自身の経験から、メーカー企業にありがちな科学的・合理的で、理路整然とした意志決定にはうんざりしていた。そこで彼がもち出した論理は、“直感的に”、“感情的に”ものごとをとらえていくことの〈合理性〉だ。

「わたしたちの生きる世界は複雑で、合理的な判断だけでは決められないことがたくさんある。データに頼った消費者マーケティングにも限界があるだろう。いまこそ、直感を信じる意志決定が必要なんだ」と、アミットは語る。

ただし、彼の言う「直感」とは、単なる突発的な感情にとどまらない。それは、独自の感性や審美眼をもち、職人的な技術をもって常に手を動かし続けたときにはじめて見えてくるものだ。いうなれば、無意識レヴェルの経験に呼応する「直感」と、機能やデータに裏づけられた「合理性」が結びついたときこそが最大の効果を発揮するのだという。

(関連記事)グーグルからスマホの未来を託された、ガディ・アミットのモジュラー革命

あたりまえを疑う視点をもつこと

一方、「未来のデザイナー」たちの語る実践例には、いくつかの共通点も見えてきた。そのひとつは、深い観察力とインスピレーションによって、新たなことに気がつく「目」を鍛えることだ。そして、そこにはちょっとの“ユーモア”が必要不可欠だったりもする。

“ヘタうま”イラストで「未来のあたりまえ」を描くドミニク・ウィルコックス。イラスト集『Variations on Normal』には、彼がブログで描き続けてきた数々のアイデアが詰まっている。カンファレンスの前には「あたりまえの向こう側」と題した、身の回りのガラクタから発明品をつくるワークショップも行った。

それを代表する2人が、英国からやってきた天才デザイナー、ドミニク・ウィルコックスと、日本のアーティスト鈴木康広だ。東西ユーモア対決とも呼びたくなるような彼らが日々繰り出してきたアイデアは、豊かな発想力、見たときの驚きと、小さな笑みに満ちみちていた。

「海を走る船の航路が、まるでファスナーを開いていくように見えた」という経験から、本当にファスナー型の船を制作してしまった鈴木は、こうした視点を変えた見方にこそ、新たな世界を発見するチャンスがあるという。

鈴木がよく使う「見立て」とは、わたしたちがよく知っているありふれたものに転換をすることだ。何にもない状態から、自分の目を疑ってみる。鈴木の言葉によれば、デザインとは自然界と向き合うひとつの方法であり、人間の意図を超えた制御不可能なものを、来る日も来る日も見つめ続けることだという。

一方のウィルコックスもまた、独自の「見立て」を武器に、機智に富んだエンターテインメントをおくり出す人物だ。同日開催されたワークショップでも「あたりまえのヴァリエーション」に気づかせる発想術を披露してくれた彼だが、その湯水のようなアイデアは一体どこからやってくるのだろうか。

ウィルコックスは、「つくりながら考え続けていると、突然魔法のようなことが起きる」と語る。過去には、30日間、毎日ひとつのクリエーションを発表する「Speed Creating」に挑んだウィルコックス。日々の訓練のなかにこそ、「the Creative Eye(創造的な目)」が生まれるのだと教えてくれた。これは、アミットが冒頭に語った「職人のクラフト主義」とも通じるものがあるだろう。

(関連記事)英国の天才デザイナー、ドミニク・ウィルコックスが描く、未来のあたりまえ #WXD

「ファスナーの船」のほかにも、「りんごのけん玉」「地平線を描く鉛筆」「近所の地球」など、自身がこれまでに描いてきた作品が生まれた背景を話してくれた鈴木康広。客員研究員を務める東京大学先端科学技術研究センター中邑賢龍研究室で行った「凹デザイン」ワークショップにも参加し、参加者とともに欠点や不便さをあえて生み出す、既成概念にとらわれないものの見方を探った。

「ありえたかもしれない未来」を想像する

世界を再発見するためには、いまある世界をクリティカルに分析してみるというやり方もある。もう少し具体的に言うと、「もしこんな社会だったら、どうなるだろう?」といった、パラレルワールドのようなものを想像してみるということだ。

takram Londonの牛込陽介は、AかBのどちらかではなく、その両方を行き来する「振り子」のような思考方法が大切だと語る。カンファレンスの翌日に行われたワークショップ「スペキュラティヴなデザイン」では、参加者とともに「ありえるかもしれない未来」を想像。各グループはそのイメージをかたちにするなかで、21世紀に求められる発想方法を学んだ。

ロンドンのRCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)を卒業し、現在はtakram Londonのメンバーとして活躍する牛込陽介は、世の中に問いを立てる「スペキュラティヴ・デザイン」の思考を独自に発展させるデザイナーだ。

例えば、彼の作品のひとつである「Professional Sharing」だ。これはアプリを通じて、スマホの充電から写真撮影まで、人々が欲しがるあらゆるリソースをシェアしていくストーリー仕立てのプロジェクトだ。このように、あるキーワードから、「ありえたかもしれない未来」を徹底的に想像し、そこで生まれ得るストーリーを考え、何らかのプロトタイプに落として共有していく方法もあるようだ。

「弱さ」が導く、関係のデザイン

デザインはときに、〈人と人〉、〈人とモノ〉の間に生じる「関係そのもの」を設計することもできる。『弱いロボット』の著者、岡田美智男は、人と機械のインタラクションにおいて、自然とお互いが“助け合う”ソーシャルな関係性をデザインしている。

構築学的になりがちなロボットデザインの世界に、関係論的・認知論的アプローチをもち込む異色の工学者、岡田美智男。弱いロボットは、「ひとりでできるもん」という個体主義能力を疑うためのアプローチでもあるという。レクチャー&ワークショップ「弱いロボットのつくりかた」では、参加者は弱いロボットたちと触れ合うなかで、ロボットが引き出す力を体験した。

例えば、岡田の研究室で開発した「Social Trash Box」は、あえて“できそこない”のロボットをつくることで、子どもたちのなかに社会性を創出するプロジェクト作品だ。

ある環境下で、ロボットたちはテクテクとゴミのある場所まで歩いていくのだが、決して自分でゴミを拾うことはできず、ぺこっとお辞儀をするように頭を傾けて立ち止まる。その不器用な動きを前にすると、ついつい人間のほうがゴミを拾いたくなってしまう、という仕掛けなのだ。

こうした「他者を巻き込む関係戦略」にこそ、人間とテクノロジーが付き合うためのヒントが見えてくるのではないかと岡田は語る。未来のロボットは、人間の仕事を代替するのではなく、人間本来の能力を高めてくれるものかもしれないのだ。

複雑なものを、複雑なままに。
アルゴリズムが可能にする新たなデザイン思想

「テクノロジーといかに付き合うか」という問いを前にしたとき、アルゴリズムや統計データを用いることでも、新たなデザインの類型を生み出すこともできるだろう。

「建築で培った現代の技術を使うことで、畳という伝統産業のよさをいかしながら、これまでとは違った価値をつくっていけると考えています」と、noiz 豊田啓介は言う。

noizの豊田啓介は、アルゴリズムと伝統技術の融合に取り組む異色の建築家だ。最近では「ヴォロノイ図」というアルゴリズムによって無限に生成できる幾何学のパターンと、日本建築における「畳」の製法や文化を融合させた畳を発表し、一躍世間の話題を集めた。

豊田は、複雑な要素をデータで解析したり、分類したり、または3Dプリンターで出力したりするなど、現代のテクノロジーを用いることで、「複雑なものを複雑なまま提示し、共有することが可能になった」という。

これまで建築家やデザイナーの頭のなかにしかなかった「かたち」のイメージは、テクノロジーを介してダイレクトに共有できる。そうした視点で現在の建築やものづくり界をふりかえってみると、そこには固有の概念を壊し、新たな思想を生み出す可能性があると豊田は語る。

(関連記事)アルゴリズムと伝統技術が実現する「ヴォロノイ畳」のカスタムデザイン #WXD

OMAパートナーの重松象平は、建物を弁当箱にたとえ、「建築家は弁当箱の『外装』を設計するだけでなく『具』も設計しなくてはいけない」と語った。

一方、OMAの重松象平は、「これまで右肩上がりに発展してきた社会のロジックは壊れ、今後縮小していくと予想される社会にどう働きかけていくか」を建築家の立場から考える。

重松自身、ハーヴァード大学との「食」についてのリサーチプロジェクトを率いている。「衣食住」のうち、ファッションも建築もグローバル化によって均質化していくなか、いまだ各地で圧倒的な多様性を保持し続けているのが「食」ではないかと重松は語る。

重松は現在、世界各国の農地と都市を融合させる取り組みをリサーチしながら、新たな社会に根ざす農地のデザインを考察し、従来の建築のあり方を大きく拡張するプロジェクトを実践している。未来の環境や世界的視野で見据えたとき、そこにはどんな「問い」が必要で、どんな「デザイン」が生まれてくるのだろうか(重松象平のリサーチプロジェクトから生まれた「食の未来図」を描く9つのアイデアは、発売中の『WIRED』VOL.17にて紹介!)。

8人の未来デザイナーたちから送られたメッセージは、どれもこれからの社会をサヴァイヴするうえで示唆的で、未来へのヒントが満載だ。あなたの前にかかる「見えない橋」は、これからどんな姿をしていくのか。これをもとに、新たな未来を楽しく想像するのがいいかもしれない。

さらに詳しい「WXD」レポートは、
最新号『WIRED』VOL.17で!

Amazonで購入する>>

太古から近未来、深海から宇宙までをめぐる食の旅は、北の果て、スヴァールバル世界種子貯蔵庫からスタート。ニューヨークを拠点に「食」をデザインする建築家・重松象平が描く「食の未来図」に、サンフランシスコ発の完全栄養代替食「ソイレント」の夢。日本からもドミニク チェン、米田肇、池田純一が、それぞれの視点で「これからの食」を語る。そのほか、1カ月にわたって行われたデザインムーヴメント「WXD」のレポートに、糸井重里のインターネット論、20年以上にわたって現代アートの最前線に立つヴォルフガング・ティルマンスの独占インタヴューを掲載! 特集の詳しい内容はこちら。

TAG

DesignDominick WilcocksEventKeisuke ToyodaShohei ShigematsuWXD