12日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で尾木ママこと尾木直樹氏が、ネット用語について解説する一幕があった。

番組では岩手県矢巾町(やはばちょう)で、中学2年の男子生徒がいじめによって自殺したとみられる事件について特集した。

その中で、教師と自殺した生徒がやりとりしていた「生活記録ノート」について、男子生徒が「もう学校休みたい そろそろ休みたい 氏にたい あーもうや!」と綴っていたことを司会の宮根誠司氏が紹介した。

続けて宮根氏は「死という字をあえて違う字に変えているって、これどう思います?」「本当に死にたいのか、まだ何か本当に死にたくない希望を持っているのか」と、コメンテーターの木村太郎氏にコメントを求めた。

木村氏は「迷ってる様子はわかりますよね、これで」と言葉少なめに同意したが、尾木氏は「これはネット用語なんです」と割って入った。

さらに尾木氏は「この子はネットをずいぶんやってますから、ネット使う子はみんなこれを当てはめるんです、本当の『死』っていう字はあまり使わないんです」と解説した。

【関連記事】
加藤浩次、いじめを証言した同級生が学校から注意を受けたことに怒り
杉村太蔵が自殺した中2男子を非難「自ら命を絶つことは許されない」
犬山紙子氏が岩手中2自殺事件で学校と担任教師を痛烈に批判