任天堂を率いた岩田聡、55歳の死

写真拡大

任天堂の岩田聡社長兼CEOの死去が、13日、同社のウェブサイトで発表された。岩田氏は55歳だった。

「任天堂を率いた岩田聡、55歳の死」の写真・リンク付きの記事はこちら

「当社代表取締役社長岩田聡が、平成27年7月11日、胆管腫瘍のため逝去いたしました。ここに生前のご厚誼に感謝し、謹んでお知らせ申しあげます」と、短い声明文では述べられている(リンク先PDF)。

岩田氏は2002年に、任天堂の舵取りを任された。1889年の設立以降4代目の社長で、創業者の山内家の出身ではない唯一の社長だった。

岩田氏は、ゲーム業界では異色の存在だった。ゲームのプログラマーとしての経歴をもつ会社社長だったのだ。80年代前半、大学卒業後すぐに、東京に拠点を置く開発会社のHAL研究所に入社し、直後からプログラマーとしての仕事を開始。「バルーンファイト」や「星のカービィ」シリーズなどで、任天堂の古典的ゲームの制作に携わった。

任天堂のトップに立った後、岩田氏は会社の運命を大転換させ、数年後には「ニンテンドーDS」や「Wii」といったコンソール機などを発表し、非常に大きな成功を遂げた

彼のゲームに対する情熱は、「社長が訊く」という自身の数多くのインタヴューのなかに、最もよく表れている。このなかで彼は、自分にしかできないようなやり方で、任天堂の“ブレーン”たちを選び出し、任天堂のクリエイティヴなプロセスについて、刺激的な話を引き出したのだ。

任天堂は1年ほど前に、CEOが胆管の手術により、2014年の「E3」に出席しないことを発表したときに初めて、岩田氏の健康問題について説明を行った。E3後にライヴ配信された映像で再び姿を現した際には、著しく体重を落とした様子が見受けられた。

岩田氏は今年もE3への出席を見送ったが、6月26日に行われた任天堂の直近の株主総会には全て参加するなど、仕事は継続していた。

岩田氏のような途方もなく大きな才能の喪失は、「移行期」というべき段階に入っていく任天堂に、確実に深刻な影響を与えることになるだろう。皆に好かれ、頭の切れる情熱的なリーダーを、これほど若く急に失ったことは、間違いなく強烈な一打となり、同社は今後、ここからの立ち直りを図らなくてはならない。

現在、ビデオゲームの媒体自体でさえ非常に苦しくなってきているなかで、彼のような才能あるクリエイターで情熱的な提唱者を失うことの影響は多大だ。岩田氏の早すぎる死が悔やまれる。

WIRED.jpでは、これまでにも任天堂の果敢な取り組みを紹介する英・米WIRED誌の記事を紹介してきた。例えば2013年9月には、同月19日に亡くなった山内溥前社長(当時)のライフストーリーを掲載している。

そのほか数々の記事からは、いまもって、生前の岩田氏の力強い言葉と行動を感じ取れる。

「ゲーム業界が現在の危機を乗り越えるには、新たなアイデアを提案する必要がある(中略)われわれに必要なのは次世代のマシンではなく、次世代の遊び方だ」
任天堂社長、新ゲーム機『レボリューション』に言及(2004.6.11)

逆説的に表現するなら、ソニーやMicrosoft社との競争をやめると決断したまさにその時、任天堂の反撃が始まったのだ。
Wii:ゲーム機戦争を制した「逆転の発想」(2007.6.14)

任天堂の岩田聡社長は2014年1月、大規模な戦略転換の一環として、「当社のキャラクタービジネスを積極的に展開する」と明言していた。
スーパーマリオ、ベンツに乗る:任天堂のキャラクタービジネス戦略(2014.5.30)

同社の代表取締役は竹田玄洋、宮本茂の両氏となるが、現時点では、代表取締役社長の後任については未定となっている。

関連記事任天堂、創造性の秘密:宮本茂

TAG

GameNintendoSatoru IwataShigeru MiyamotoWIRED US