出血を瞬時に止めるジェル「VetiGel」、動物用出荷へ

写真拡大

出血を瞬時に止められるジェルが、米国で獣医向けに出荷される見込みだ。動物用で米食品医薬品局(FDA)の承認が得られたあとには、ヒトでの試験も開始される予定だ。

「出血を瞬時に止めるジェル「VetiGel」、動物用出荷へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

ジョー・ランドリーナが瞬時に出血を止めるジェルを発明したのは、17歳のときだった。それから5年、彼が発明したこの止血ジェルは、「Vetigel」という製品名で米国での出荷が開始されようとしている。

Vetigelは、天然の藻類をベースとしたポリマーからつくられたジェルだ。ランドリーナ氏はこのポリマーが、体の内部で生じる血液凝固作用を促進して、止血を早めることを発見した。損傷した組織に網の目のような構造を形成し、傷の表面でのフィブリン(組織修復タンパク質)の産生を促進するという。

ランドリーナ氏は、ニューヨーク市にバイオ企業Sunerie社を起業し、このジェルの製造販売を行っている。このジェルは、大量に出血していていてもそのほとんどを12秒以内に止めることができるという。世に知られているどの方法よりも素早く、より効果的に止血できると証明されているデータといえるだろう。

『Business Insider』の記事によると、Suneris社は今夏、動物用のVetiGelの出荷を開始する予定だ。

現在、VetiGelの予約受付中であり、5mlの注射器5本入りで、価格は150ドルだ。

VetiGelはまず米国での出荷を予定しており、次のマーケットは英国となる見込みだ。Suneris社と英国企業のVetPlus社はすでに、2015年末までに英国でVetiGelを製造するという10年間の製造販売契約を発表している。

VetiGelは現在、獣医による動物での試験が行われているところだ。獣医と研究者間で毎週開かれているフィードバック・ミーティングでも、副作用は報告されていない。動物用のFDAによる承認は来年中には得られるだろうと、ランドリーナ氏は考えている。

ヒトに対する試験はもちろんまだだが、ランドリーナ氏はBusiness Insiderに対して、米食品医薬品局(FDA)の承認が得られたら「すぐにヒトでの臨床試験を開始したい」と語っている。

「当社の目標は、当社の製品がすべての緊急治療室や手術室に置かれ、兵士が全員携帯するようになることです」

TAG

MaterialMedicalSurgeriesVideoWIRED UK