暴走する自意識、際どい女装癖……キングオブコント王者・かもめんたるの知られざる素顔
 キングオブコント2013優勝コンビ・かもめんたる。人間の恥部をえぐるような独特なネタが持ち味の彼らが、7月15日(水)単独ライブDVD『抜旗根生〜ある兄弟の物語〜』をリリースする。

 このDVD、自意識の発露がすごい。最初のネタは、「トドロキサーカス」。フリーライターの女性(槙尾ユウスケ)が、サーカスの団長(岩崎う大)を取材する。ライターの質問に答えながら団長はふと、「インタビュー中の口調が分からない」「イヤなときの自分になっている」と悩みだす……。

 これはネタなのか? リアルなのか? 二人に話を聞いてきた。

――「インタビュー中の口調が分からない」というのは……普段からですか? 今もインタビューですが、大丈夫でしょうか?

岩崎う大(以下、う大):大丈夫です(笑)。あそこまでにはならないんですが、変なテンポになってるなとか、妙な節がついてるなとか。人を見ていて思うときもあります。

槙尾ユウスケ(以下、槙尾):なんでそんなこと考えてんだろう、と思いますね。そんなの気にせずに生きたほうが楽じゃないですか。

――う大さんは普段からそういう感じなんですか?

槇尾:普段からこうですね。僕があんまり気にしないで生きているのを、「なんで気にしないんだよ」みたいに言ってきたりとか。「気にしないでいることがムカつく」とか(笑)。

う大:槇尾は気にしないカッコつけマンです。

槇尾:気にしないですよ。インタビュー中の口調とかね、ドッヂボールのときの顔とかね。変な感じになったとしても、それはそうなったときの自分だしなぁ、くらいですよ。

う大:槇尾はとくにそういうのをまき散らしながら生きてるんですよ。僕のほうこそ思いますよ、「こいつカッコつけモードに入ってる」とか。改めないぞ、俺はそうならないぞ、というのがすごいですから。

槇尾:「あの時ああいうモードになってたな」みたいに言われます。う大は、いい奴ぶるとかが嫌いなんですよね。でも人間ってそういうもんじゃないですか(笑)。そこを暴くのが好きなんだろうけど。

◆う大の不可解な四コマ漫画

 Twitterに毎日、四コマ漫画をアップしているう大。「マッサージ」というタイトルの四コマは、1コマ目でマッサージチェアを見つけた男性が、ルンルンでマッサージチェアに座り、4コマ目で「だっせぇな」と言って号泣する……。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=304463

――あれは……どういう意味なんですか?

う大:午前中あたりに、女にフラれたんでしょうね。それで「マッサージチェア、やるっしょ」となるけど、揺られながらフラれたことを思い出して泣く。だっせぇな、オレ。

――説明がないと誰も分からないですね(笑)。

う大:皆まで言うな、という。

槇尾:言わなさすぎですよね。

――漫画を描くのとコントを作るのとは、また違った感じでしょうか?

う大:全然違いますね。漫画は投げっぱなしですが、コントは早いうちから笑いを起こさないと、「スベってる」とお客さんが思ってしまう。そうすると次の笑いに影響するんですよ。お客さんの笑いを受けてこっちのテンションが上がって、よりいい演技ができるというのがコントライブの醍醐味です。

槇尾:コントはすぐ答えが出ますよね。お客さんに笑ってもらえないと、それはコントとしてダメっていうことです。

◆槇尾の女装がもはや“癖”

 槇尾はお笑い界きっての女装好き。女装ライブも定期的に開催している。キングオブコント優勝後は、女装関連の仕事が増えたという。

――女装関連の仕事とは?

槇尾:バラエティ番組に出るときに女装を取り上げてもらったり、NHKの「高校講座」という番組で女教師役をやったり。今はプライベートというか、イベントが主です。