「VR×DJ SPATIAL JOCKEY」

写真拡大

ヘッドマウントディスプレイ・Oculus Riftを使用したダンスミュージックイベント「VR×DJ Spatial Jockey」が、7月19日(日)に早稲田・音楽喫茶茶箱にて開催される。

【VRとダンスミュージックの邂逅 新たな視覚/音楽体験イベントの画像・動画をすべて見る】

イベントには、日本最大級のネットレーベル・Maltine Recordsを主宰するtomadさんや、寝室夢想家のキャッチフレーズで知られるアーティストのmus.hibaさん、音楽ユニット・§✝§のボーカルとしても活躍するセーラーかんな子さんが出演。

ヘッドマウントディスプレイで体験できるVR(ヴァーチャルリアリティ)空間をリアルタイムに操作するプラットフォーム「Spatial Jockey」を使用した、世界初のイベントになるとのこと。

Spatial Jockey from Psychic VR Lab on Vimeo.



新次元の映像体験!


「Spatial Jockey」は、VRを用いた技術の研究開発を行うラボラトリー・Psychic VR Labが開発した、バーチャル空間を生成するためのプラットフォーム。

SJと呼ばれるプレイヤーが、会場に用意される5台のOculus Riftに映るVR空間をリアルタイムにコントロールすることで、360度のVR空間を創出。

DJが鳴らす音楽の世界観を、VRによってより一層楽しめる視覚体験が可能になるという。

チケットは現在、イベント運営サービスを展開するPeatixにて販売中。価格は2,000円となっている。