ドローン乱入で中止されたサッカー予選、仲裁裁判所が逆転判断

写真拡大

試合途中に飛来したドローンが理由で乱闘騒ぎが起こり、没収試合となった2014年10月の「UEFA EURO 2016」予選試合。UEFAは当初セルビアの勝利としていたが、スポーツ仲裁裁判所はこのほどその決定を覆し、一転アルバニアの勝利とする判断を下した。

「ドローン乱入で中止されたサッカー予選、仲裁裁判所が逆転判断」の写真・リンク付きの記事はこちら

2014年10月に行われた「UEFA EURO 2016」(サッカー欧州選手権)予選のアルバニア対セルビアの試合では、ピッチにドローンが乱入したことをきっかけにして乱闘騒ぎが起こり、前半41分で打ち切られるという騒ぎがあった(日本語版記事)。

セルビアの首都ベオグラードのスタジアム「スタディオン・パルチザーナ」で行われたこの試合では、「大アルバニア主義」という物議を醸す内容の横断幕を掲げたドローンがピッチ上に飛んできたことをきっかけにして、選手、ファン、大会関係者が入り乱れる乱闘騒ぎが起き、両チームとも無得点のまま没収試合となった。

試合直後、欧州サッカー連盟(UEFA)は3対0でセルビアの勝利という判断を下していたが、今回スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、一転「3対0でアルバニアの勝利」とする決定を下した。 

CASは今回、試合が最後まで遂行できなかった責任はセルビアにあると判断した。「3対0でセルビアの勝利」というUEFAの決定が覆ったことで、アルバニアは勝利と勝ち点3を手に入れた。アルバニアの主張が認められた結果、同国は勝ち点10となり、予選Iグループでデンマークと並んで2位につけることとなった。

一方のセルビアは、勝ち点3を剥奪され、勝ち点マイナス2で同グループ最下位に落ちる。さらに、ホームで行う予選の2試合を無観客試合とすることを命じられた。

UEFAは前回、10万ユーロ(約1,365万円)の罰金を両国に科していた。今回CASは、アルバニア側の言い分を支持しつつも、議論を巻き起こすような旗を付けたドローンをピッチに飛来させた責任がアルバニアにはあると指摘した。CASは、横断幕に「アルバニアの民族主義的、愛国主義的なシンボル」が描かれていたと指摘し、先に下された10万ユーロの罰金の支払いを命じた。

サッカーの試合会場に飛来するドローンが問題を起こす事例が続いている。2015年3月には、試合中にピッチ上で何度もドローンを飛ばした疑いで、英国ノッティンガムの男性に対して法廷への出頭命令が出された

TAG

DroneSerbiaSoccerWIRED UK