ハーベスト焦がしキャラメル

写真拡大

東ハトは2015年8月17日に、薄焼きビスケット「ハーベスト焦がしキャラメル」を新発売する。「ハーベスト」は、1978年の発売以来、東ハトお菓子職人の匠の技が生んだマネのできないおいしさで好評を博している同社を代表する焼き菓子の一つ。

フランス産ロレーヌ岩塩とアーモンドをプラス

「ハーベスト焦がしキャラメル」は、キャラメルパウダーを生地に練り込み、さらに表面にも振りかけて香ばしく焼きあげた。アクセントに、まろやかな塩味が特徴のフランス産のロレーヌ岩塩(食塩中5%)と、アーモンドを加えることで、より一層、キャラメルのコク深さと香ばしさを引き立てている。

わずか3mmの薄さに焼きあげるビスケットの「ハーベスト」は、実は何層にも折り重ねた生地を薄くのばして作っており、この生地の層が独特のサクサクとした軽い食感を生み出している。

サクサク軽い食感とともにキャラメルの風味豊かな味わいが楽しめる「ハーベスト焦がしキャラメル」は、コーヒーなどの飲み物とも相性がよく、一息つきたいティータイムなどにぴったり。

 105グラム入りで価格はオープン。予想販売価格は150円前後。