目からウロコの節約術 無駄遣いしないために、必要なものには妥協しない!

写真拡大

節約や貯蓄というと「使わない」というイメージがありますが、実は逆なんです。高いからと買い控えたり、安いもので我慢しようとするのはNG! なぜなら別の買い物でそのストレスを発散したり、無意識に雑に扱ったりして、かえって損してしまうこともあるから。いつも使うものや目に入る日用品などは、少し高くてもお気に入りのものを買いましょう。それ以外のものは、「本当に必要なものかどうか」をよく考えるようにすると、無駄が減るはず。

(山下まちか/OFFICE-SANGA)

※画像と本文は関係ありません。