いましろたかしが絵本刊行記念トークショー開催 漫画講座も合わせて開講

写真拡大

7月31日(金)、東京・下北沢の書店「本屋B&B」にて、漫画家・いましろたかしのトークショー『「いましろたかしで考え中」 「あそこまでいってみよう」刊行記念』が開催される。

いましろたかしは1986年にデビュー後、自意識過剰な若者の空回りを描いたギャグ漫画『ハーツ&マインズ』、異質な傑作『デメキング』、漫画家が主人公の私小説的漫画『釣れんボーイ』、漫画原作者・狩撫麻礼と組んだ『ハード・コア』、児童向けながら大人にも沁みてしまう『化け猫あんずちゃん』などを発表。一方で近年では、映像分野にも創作活動の範囲を広げている。

今回のイベントは、絵本『あそこまで いってみよう』の刊行を記念して開催されるもの。同作は、「ある天気がいい日、“かえるちゃん”と“かめちゃん”が岬の灯台をめざして歩き出した」という、いくつになっても忘れがたい冒険の記録がテーマの、子供から大人までわくわく楽しめる作品。ゲストに漫画家で『RAPID COMMUTER UNDERGROUND』などの作品で知られる“通勤マンガ家”こと座二郎、司会にライターの松永良平を迎え、トークが展開される。

8月1日(土)からは本屋B&Bにて、いましろが「漫画とは何か?」を解説し、漫画を描くための基本的な考え方と具体的な方法を提示する『いましろたかしのマンガ講座』(全3回)も開催される。

トークショーは2015年7月31日(金)の20:00〜22:00 (19:30開場)、本屋B&B(世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)にて開催。入場料は1500円+1ドリンク。(文中敬称略)