「スター・ウォーズ」ルーク、レイア、ハン・ソロの3ショット実現。

写真拡大

毎年のべ50万人を動員する、米カルチャー界最大のお祭り「サンディエゴ・コミコン」が、今年は7月9日〜12日に行われた。開始当初はコミックやSF映画、ファンタジー映画のプレゼンテーションが中心だったが、参加者の増加と共にコンテンツの幅を広げ、46回目の開催を迎え今や全世界にアピールする文化発信の場として多彩なプレゼンテーションが行われている。この世界最大のカルチャーの祭典で、今年の超目玉と誰もが認めるルーカスフィルムの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のプレゼンテーションが7月10日(現地時間)、メイン会場に超満員6,500人の観客を集めて行われた。

このプレゼンテーションには、24時間以上前からチケットを入手するために並んでいた観客の多くがコスプレ姿で参加。ジェダイやシス、ダース・ベイダーやストームトルーパーらお馴染みのキャラクターに加え、ヒロインのレイのコスプレ姿の観客も目立っていた。

最大のサプライズは、世界初公開となる3分30秒のメイキング映像。ロケでもセットでも、CGやミニチュアに頼るだけでなく、実寸大のメカやクリーチャーを手間暇かけ、愛情をこめて製作している様が紹介されている。さらに、スタッフ&キャストの区別なく、誰もが撮影初日からこの作品に参加できたことの喜びと興奮を口にせずにいられない。固唾を飲んで映像を見つめる6,500人の観客は、誰もがこの記念すべき映像のお披露目に立ち会う幸運に恵まれたことに感謝していた。作り手も観客も、誰もが「スター・ウォーズ」を愛してやまない――それこそが、この作品が世界中から愛される理由であることを見事に証明した上映となった。

万雷の拍手に出迎えられ、監督のJ.J.エイブラムス、ルーカスフィルムの共同会長であり、本作のプロデューサーも務めるキャスリーン・ケネディ、そして共同脚本&共同製作のローレンス・カスダンが登壇。

さらにヒロイン・レイ役のデイジー・リドリーに加え、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザックの3人の新キャストが登場した後、新たなキャストが紹介された。ダークサイドのキャラクターの登場――それは同時に、カイロ・レンがダークサイドであることが遂に明らかになったということだ。その役を射止めたのがアダム・ドライバー、そしてハックス将軍役のドーナル・グリーソンとキャプテン・ファズマ役のグウェンドリン・クリスティと共に登場。「フォースの覚醒」の悪役が初めて公式に紹介された瞬間となった。

そして最後のゲストとして、キャリー・フィッシャーとマーク・ハミルに続いて、3月の事故以来、初めての公式の場となるハリソン・フォードの名前がアナウンスされると、会場の興奮は頂点に。30年以上の時を経てルーク、レイア、ハン・ソロの3ショットが実現した映画史にとっても記念すべき瞬間となった。

また、観客に対してのプレゼントとして、コンベンション・センター近くのエンバカデロ・マリーナ・パークでサプライズ・コンサートが用意されていた。6,500人の観客とスタッフ&キャストは徒歩で会場まで移動。ジョン・ウィリアムズもコメントを寄せる中、サンディエゴ・シンフォニーによる屋外コンサートが始まる。花火も打ち上げられ、コミコン史上類を見ない「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のプレゼンテーションは終了した。

主な登壇者のコメントは次の通り。

◎J.J.エイブラムス】

スター・ウォーズとコミコンは良い関係性なんだ。スター・ウォーズは、コミコンが始まった当初から参加していたし、自然とマッチするんだよ。今回、ここでファンと話しができ、彼らにサプライズゲストやストーリーを紹介できるのがとても嬉しいんだ。