約2カ月間の中断期間が明け、2015プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズの第10節が12日に各地で行われた。

 首位のINAC神戸レオネッサはアウェーで岡山湯郷Belleと対戦。44分にFW高瀬愛実のゴールで先制に成功すると78分に途中出場のMF増矢理花が追加点を挙げ突き放す。しかし諦めない岡山は81分にFW高橋千帆が1点差に詰め寄るゴールを決めると、続く84分にMF宮間あやが同点ゴールを挙げ、引き分けに持ち込んでいる。

 I神戸を勝ち点差1で追う2位の日テレ・ベレーザはASエルフェン埼玉を1−0で下した。32分にMF原菜摘子が決めた1点を守りきり、開幕からの無敗をキープしている。

 この結果、勝ち点3を積み上げた日テレがI神戸を抜いて首位に浮上した。

 第10節の結果および順位は以下のとおり。

■第10節試合結果
アルビレックス新潟レディース 1−2 ベガルタ仙台レディース
岡山湯郷Belle 2−2 INAC神戸レオネッサ
日テレ・ベレーザ 1−0 ASエルフェン埼玉
伊賀フットボールクラブくノ一 1−0 スペランツァFC大阪高槻
浦和レッズレディース 0−1 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

■第10節順位表
1位 日テレ(勝ち点26/得失点差18)
2位 I神戸(勝ち点25/得失点差12)
3位 ベガルタ(勝ち点21/得失点差11)
4位 ジェフL(勝ち点19/得失点差7)
5位 浦和(勝ち点11/得失点差0)
6位 新潟L(勝ち点10/得失点差−3)
7位 伊賀FC(勝ち点10/得失点差−7)
8位 湯郷ベル(勝ち点9/得失点差−14)
9位 AS埼玉(勝ち点5/得失点差−13)
10位 大阪高槻(勝ち点4/得失点差−11)