糖尿病になる日本人の95パーセントは、アルコール、ストレス、肥満などの生活習慣が原因となっています。糖尿病なんて関係ないと思っているかもしれませんが、初期症状はほとんどないと言われるだけに、知らない間に病気が進行します。糖尿病の症状や日常生活で気をつけたいことをまとめてみました。ぜひこの機会に自分の生活をふりかえってみましょう。

糖尿病はどうして起こるの?

糖尿病はインスリンの働きが低下して起こる病気です。インスリンは膵臓(すいぞう)に存在して血糖値(ブドウ糖)を下げる役割を持つホルモンです。食事を食べた後やほかの理由で血糖値が上がると、インスリンが分泌されて、臓器にエネルギーとして血糖が取り込まれたり、活用されたり、たんぱく質の合成・細胞増殖に使われたりします。ところがインスリンの働きが低下すると血液の血糖が飽和状態になってしまいます。これが糖尿病です。

糖尿病の症状は?

糖尿病になると、代謝が悪くなることで血管に障害が起こります。症状は、おなかがすく、のどが渇く、体重が減る、疲れやすい、尿が増える、足がつるなど。糖尿病の合併症が怖いとよくいわれますが、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症、網膜症、白内障、腎症、腱鞘炎、神経障害、歯周病、足の水虫などが併発することがあります。

日常生活でできる糖尿病対策は?

バランスの良い食事を摂りましょう。血糖値が上がりやすいごはん、芋類、果物は多量に食べないように気をつけること。食物繊維は血糖値の上昇をゆるやかにするので、食べ始めに野菜、海藻、きのこを摂ってから、ほかのおかずを食べるようにします。食事と食事の間隔が短いと血糖値が十分に下がらないうちに次の食事を摂ることに。3食の時間を均等にとり、夜食は避けましょう。運動をすると中性脂肪が減って筋肉がつき、基礎代謝がアップします。ウォーキングやストレッチなど簡単な運動でよいので継続して行ってください。運動時間が取れない人はエレベーターをやめて階段を昇る、昼休みは散歩にでかける、など一日のうちで体を動かす時間をつくってみましょう。


writer:松尾真佐代