ネットによる「音楽の定額配信サービス」が本格化してきた。新しいネットサービスが始まると、動きが活発になるのが「意識高い系」の人々。音楽ファンであり、「意識高い系」ウォッチャーでもある千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏が「AppleMusic」について語る。

 * * *
 6月30日、ついにAppleMusicがスタートしました。他にもAWA、LINE MUSICなど音楽の定額配信サービスが盛り上がっています。

 ちょうど7月7日のNHK「クローズアップ現代」は、まさにこの定額配信などを中心とした音楽特集でした。長年、ラジオDJなど音楽に関わっているピーター・バラカンさんがスタジオゲストで、他にも佐野元春さん、サカナクションの山口一郎さんなどのミュージシャンや、cakesを運営するピースオブケイク社の加藤貞顕さんなどのコンテンツ・ビジネス関係者が登場し、音楽定額配信に関する意見や、音楽の楽しみ方の変化について語っていました。

 というわけで、音楽の定額配信が日本でも本格化したわけですが、この件、音楽ファンであり、意識高い系ウォッチャーの私としては、たまらないイベントでした。私、意識高い系の人たちのTwitter、Facebookを見て、面白がるのが趣味なのですが、AppleMusicやLINE MUSICなどのサービス開始前後の意識高い系のコメント内容が香ばしいこと。

「これで音楽の楽しみ方が変わる」などと言ってみたり、「プレイリストを作ってみたぞ」なんてことを言い出すわけですが、コメント内容から普段から音楽を聴いていないことがバレバレだと感じたりするわけです。お前、音楽詳しかったのかよ、と。そして、サービス開始後、しばらくしたら、まったくこの件には言及しなくなるわけです。まあ、定着して普通になったとも言えるかもしれませんが。

 ネットでの新しい取り組みが始まると、意識高い系はネット上で大騒ぎを始めるのですが、その後、すぐに黙るのが特徴です。そして、深いことは語れません。ネット選挙解禁の際も、事前に大騒ぎしましたが、その後はすっかり黙ってしまいました。そして、政治そのものについて何も語れない。これも意識高い系の特徴でしょうか。

 今回も、音楽配信について一斉に語りつつも、音楽について何も語れないことが可視化されました。AppleMusicの「はじめてのEXILE」プレイリストでも聴いとけと言いたいです。まあ、こういう風に普段、音楽を聴かない人たちが騒ぎ出すということは音楽市場を広げているとも言えるのでしょうけど。

 意識高い系批判はこれくらいにして、肝心のAppleMusicですが、10日くらい使った感想としては「まだまだこれからかな」という気がしました。率直に、まだ「安かろう悪かろう」というサービスにさえ思えました(いまは無料期間ですが)。「定額聴き放題」と言いつつ、聴こうと思って探した曲が、聴き放題のライブラリに入っていないということがよくあるわけですね。

 結局、買うか、リッピングするかということになってしまいます(それを狙っているのかもしれませんが)。例えば、私が大好きな坂本龍一(そう、メタルの人と思われていますが、こういうインストものをよく聴くのです、書斎、研究室では)を検索してみると、ベスト盤2枚と、他に数枚あるだけです。「聴き放題」と言いつつ、あくまで対象となっている音源から選ぶだけです。

 ネットのある環境を前提としたサービスなのですが、選曲してから流れるまでに微妙に時間がかかり、自分のライブラリから直接聴いたいり、同社の音楽クラウドサービスiTunes Matchに登録した曲を呼び出すよりも時間がかかるように思います。

 定額配信サービスにより、今後盛り上がると言われているのは、プレイリスト再生なのですが、公開されているものはやや退屈です。たとえば、「Bjorkリミックス集」のプレイリストはほとんど同じアルバムの曲でした。

 とはいえ、この手のサービスにより、昔のアーチストや、新人アーチストに光があたる可能性はなきにしもあらずですし、わずかな額とはいえ、定額配信の中で再生されるとお金が落ちるわけで、今後の展開には注目したいと思います。

 さて、定額配信スタート時に無理して音楽を聴いた意識高い系は今頃、どんな曲を聴いているのでしょうか。激しく傍観したいと思います。