手帳そのものが自分にとって使いやすいことはもちろん大切だが、そこにプラスαする文房具やグッズで使い勝手はさらにグーンとよくなる。手帳や文房具を愛してやまない達人たちがアナタの手帳をもっと便利に、もっと快適にしてくれる爛廛薀孔船ア瓩鮠匆陲靴茲Α

■「日本手帖の会」の皆さんがオススメするプラスαギアを聞きました!

「日本手帖の会」の皆さんがオススメするプラスαギアを聞きました!

都内や横浜市内をベースに活動する、手帳好きによる手帳好きのための市民団体「日本手帖の会」。各地でのオフ会をはじめ、国内で販売されている手帳100冊から気に入ったものに投票する「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」などのイベントを主催している。2014年9月には某寺院と協力し、「手帖供養」を初開催。さらに10月には、東北支部も立ち上がるのだとか。う〜ん、何とアツい手帳愛。これは是が非でも話を聞かなければ! というわけで、手帳が好きで好きでたまらない所属メンバーの皆さんが集結。とても1Pでは収まりきらない濃く深い取材の中から厳選した、本当に使えるプラスαギアとは?

◎どこへ行くにも一緒だから爐Δ譴靴て楽しい瓩いい

文房具&手帳アドバイザー
橋詰拓也さん
好きが高じて、会社員の傍ら文房具&手帳アドバイザーとしても活躍。現在の手帳は2008年から愛用している『トラベラーズノート』。

魅力的なデザインであることは手帳の必須条件。でも、プラスαするギアは、見た目より爛▲ションのしやすさ瓩大切です。筆記具は、時間が経ってもシミにならない速乾性の水性ペンをチョイス。ブックマークもいろいろ試した結果、今のものが一番早くて開けやすいですね。うれしくて楽しくなる手帳のつけ方を、いつも模索しています。

どこへ行くにも一緒だから爐Δ譴靴て楽しい瓩いい

薄く、紙を傷めにくいブックマーク『ラストライン』でページを開きやすく。一目でわかる、明るい色を選んだ。

どこへ行くにも一緒だから爐Δ譴靴て楽しい瓩いい

有休は『マスキング丸シール 直径8mm』を日付の上に。透け感があり、貼って剥がせる。

どこへ行くにも一緒だから爐Δ譴靴て楽しい瓩いい

圧迫感のある黒ペンは使わず、青赤緑で色分け。ペンてるの『エナージェル』は、裏抜けせず乾きも速い!

◎インクの色を統一して万年筆の難点を解決

文具ソムリエール&販売員
菅 未里さん
文房具の販売員であり、文具ソムリエールとしても活動。プライベートの手帳はエルメス、仕事用は『ES.ダイアリー』で使い分けている。

手帳は万年筆でつけているんですけど、一度書くと消せないのが玉にキズ。修正ペンは紙の色と合わなくて浮いてしまいます。だから、確定していない予定はフリクションペンでメモ。変更があれば消して書き直せばいいし、そのまま決まれば残します。使う筆記具が違っても、インクの色を統一すれば、ちぐはぐな印象になりません。

インクの色を統一して万年筆の難点を解決 インクの色を統一して万年筆の難点を解決

製本工房リーブルの『栞紐』は大容量で手頃。手帳に飽きたら付け替えて気分転換します。

インクの色を統一して万年筆の難点を解決

立ち仕事中はパイロットの『キャップレス』、落ち着いて書く時はセーラーの『シャレーナ』を使う。

インクの色を統一して万年筆の難点を解決

休日をトンボの『アートブラッシュNo.95』でマーク。薄墨のようで、上から書き込むのに邪魔になりません。

◎心地よい手帳ライフはいい文房具あってこそ

CMプランナー
佐久間英彰さん
広告会社に勤める傍ら、コクヨとタッグを組み『ジブン手帳』を製作・販売。楽しく書き込むうちにライフログになる手帳には、ファンも多い。

奇をてらったものではなく、きちんと本質を理解して作られている文房具に惹かれます。選ぶ基準は大きく3つ。「楽」「効率的」「気持ちいい」。楽だから気軽に使えるし、効率的だから作業に集中できる。そして、気持ちいいから次も使いたくなるんだと思うんです。自分にとっていい文房具を長く使い続けられるのは幸せなことですね。

心地よい手帳ライフはいい文房具あってこそ 心地よい手帳ライフはいい文房具あってこそ

icconicoの『TODOマステ3mm』はメモ帳に貼り付けて使用。□を書かなくていいので時短に役立ち、書くこととやることに専念できるので便利です。

心地よい手帳ライフはいい文房具あってこそ 心地よい手帳ライフはいい文房具あってこそ

竹尾の『PETA Lサイズ』を手帳の内側に接着。全面のりなので1000円札を貼り付けています。財布を忘れた時や、手帳を拾った人に郵送代としても使ってもらえます。

◎24時間、量産&実行できる

「いますぐ妻を社長にしなさい」著者
坂下 仁さん

24時間、量産&実行できる 24時間、量産&実行できる

浮かんだアイデアを漏らさず実行するのに、付箋が欠かせません。普段はロディアの手帳ケースに貼って携帯。寝室、お風呂、職場のそれぞれにも常備して、閃いたことをすぐメモします。

◎自作派の心強い味方

会社員
永井正信さん

自作派の心強い味方

理想を追求するうち、すべて自作するように。クリアファイルを切ったり折ったりして、ノートを連結したり付箋のストックに活用しています。厚手のほうが、頑丈で扱いやすいですよ。

◎紙を傷めず、しっかり目印

会社員
宮崎淳子さん

紙を傷めず、しっかり目印

ページの目印に、貼って剥がせるブックマーク『スティッピー』を愛用。付箋もいいけど、クシャクシャになっちゃうでしょ? これはプラスチックだから、案外丈夫。繰り返し使えます。

◎Myベストを見つけよう

グラフィックデザイナー
網蔵竹仁さん

Myベストを見つけよう

趣味のスケッチ用に、片手に収まるライフの『5×3カード』を使ってます。ちょうど手帳と同じサイズ。リングで綴じて携帯します。厚みが出たら中身はリヒトの『情報カードケース』へ。

◎A4の42%で印刷してペタッ

会社員
ヒロセマリさん

A4の42%で印刷してペタッ

中長期の目標や常に目に留めたい言葉などは、パソコンから印刷。貼ったものをきれいに剥がせる両面テープ『ナイスタックリムカ』で貼っておけば、ページを移したい時にスムーズです。

◎細かな書き込みもラクラク

ステージマネージャー
山道徳子さん

細かな書き込みもラクラク 細かな書き込みもラクラク

多色を1本で持ち歩けるゲルインキボールペンが便利。中でもパイロットの『コレト』はペン先の細さと軸を自分で選んで組み合わせられるので、文房具好きにもファンが多いですよ。

◎欲しいページがサッと出る

会社員
秋元秀之さん

欲しいページがサッと出る

ページの目印には必ず栞紐を使います。付箋だとすぐボロボロになるし、粘着が弱くなって剥がれてしまうこともありますから。栞紐は自分なりに色分け。サッと開けるし、便利ですよ。

◎自作で極めたオンリーワン

グラフィックデザイナー
レジェンド石井さん

自作で極めたオンリーワン

システム手帳ブームの時、欲しいリフィルがなくて、自作を始めたんだ。紙はミドリの『MDペーパー』。予定はもちろん、食べたものや体調も細かくメモして、ライフログ的に使います。

◎アレもコレも、全部合体!

会社員
白井俊哉さん

アレもコレも、全部合体!

手帳もUSBメモリーも時計も、ひとつに全部をまとめたい僕にとって、キングジムの『レザフェス ノートカバー』は運命の出会い。組み合わせ次第で、徹底的に自分好みに使えるんです。

◎卓上カレンダー的活用術

会社員
神山千秋さん

卓上カレンダー的活用術

デスクワークで机のスペースも限られる。でも書見台だと角度があって、ちょっとかさばるんです。そんな時、目に入ったのが100円均一のまな板立て。手帳を立てるのにぴったりです。