肌を露出する季節とともに、悩まされるのは「虫刺され」だが、どのような対策をしているのだろうか。インターワイヤード株式会社は、同社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用して「蚊よけ」に関するアンケート調査を実施し、DIMSDRIVEモニター6003人から回答を得た。調査の結果、自宅でやっている蚊よけ対策は「蚊取り線香」と「液体蚊取り器」が最も多いことがわかった。

a0790_000265

「汗をかいたとき」「お酒を飲んだ後」蚊に刺されやすくなる時とは?

普段よりも蚊に刺されやすくなるときについて尋ねたところ、「汗をかいているとき・汗で肌がべたついているとき」49.3%がダントツで多く、が蚊を引き寄せると感じている人が多い事がわかった。以下、「お酒を飲んだ後」26.9%、「就寝中」23.0%、「体温が高いとき」22.5%と続き、体温が高くなるシチュエーションも刺されやすくなるようだ。

指を刺されると痒い! 蚊に刺されて最も痒いのは「足の指」「手の指」

 これまでに蚊に刺された中で、最も痒かった身体の部位は、「足の指」17.3%、「手の指」15.8%と続き、『指』が上位を占めた。以下、「二の腕」11.0%、「足の裏」8.5%、「手の甲」5.6%と続き、『手先』や『足先』は刺されると痒いようだ。

爪で「×」蚊に刺された箇所に爪で痕をつける人は26.8

「蚊よけ」に関するアンケート調査

 では、痒くなったらどうしているのか?蚊に刺されて痒さを感じたときの対処方法については、「塗り薬を塗る」58.6%、「掻く」58.5%の2つが圧倒的多数だった。また、×印といった、「爪で痕をつける」という人も多く、26.8%が刺された箇所に爪で痕をつけると回答。「爪で痕をつける」割合は、【男性】22.1%に対し、【女性】は33.7%と男性よりも多い。上記以外の対策では「冷やす」10.1%が最も多かった。自宅の蚊よけ対策については、対策をしている人は74.4%と多い。

「蚊よけ」に関するアンケート調査

 対策方法は「蚊取り線香」41.5%と「液体蚊取り器を使う」40.9%が圧倒的で、この2つが主力対策であることがうかがえる。以下、「殺虫剤を散布する」22.2%、「肌用の虫よけスプレーを使う」19.6%、「液体蚊取り器(プッシュ式)を使う」19.1%、そのあとに「窓を閉め切る・極力開けない」18.5%と続き、何かしらの薬剤(またはそれに近い物)を利用して蚊よけ対策をしている人が多いようだ。「蚊帳を吊る」に関しては、1.3%と利用者は少なかった。

不要?徹底的に? 自治体に求める「デング熱対策」

 昨年、東京都の代々木公園を中心に感染が広がった「デング熱」。数十年ぶりの国内感染で不安と心配も広がった。そこで、今年、お住まいの自治体にデング熱対策で求めることを自由回答で尋ねたところ、「蚊やボウフラを駆除してほしい」・「発生環境から絶ってほしい」という、『駆除と発生を防いでほしい』という意見も多かったが、「情報公開」や「調査」を求める意見も多かった。

 一方、対策しなければならない範囲の広さや蚊の量の多さから、「自治体での対応は難しい」と感じている人も多い。また、「そんなに騒ぐ必要はない」、「過剰な対策は不要」という声、「自分の地域は蚊が少ない為、不要」という声もあった。『徹底的に』という人もいれば、『対策は難しいから不要』という人もおり『自治体がデング熱の対策をすること』について意見が割れた。

■調査概要
調査方法 :インターネットを利用した市場調査
調査期間 :2015年5月7日〜5月22日
有効回答数:DIMSDRIVEモニター6003人