バーディラッシュで2位に急浮上の小田孔明!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ミュゼプラチナム・オープン 3日目◇11日◇ジャパンメモリアルゴルフクラブ(7,012ヤード・パー71)>
 国内男子ツアーの新規トーナメント『ミュゼプラチナムオープン』の3日目。全選手がハーフターンを終え、初日から首位を守るJ・B・パク(韓国)が前半4つスコアを伸ばしトータル17アンダーで首位をキープし後半へ入った。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 この日、28位タイスタートの小田孔明が1イーグル・7バーディで9つ伸ばしトータル14アンダーに、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)と並ぶ2位タイへ急浮上した。続くトータル13アンダー4位タイには小池一平、貞方章男、チョ・ミンギュ(韓国)の3人が並ぶ。さらに薗田峻輔、マイケル・ヘンドリー(オーストラリア)、パク・サンヒョン(韓国)がトータル12アンダーで7位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>