夏型過敏性肺炎の症状は、微熱やせき、息苦しさなど、風邪と区別がつきにくい。大きな違いは、居る場所によって症状が出たり消えたりとコロコロ変わる点だ。
 「原因は『トリコスポロン』という種類のカビで、白や黄色っぽい色をしていて、室内の水回りなどの腐った木材や、一般家庭なら台所、風呂場などの水回りが格好の住処となります。このカビが放散する胞子を吸い込むと、アレルギー反応で肺炎を引き起こす。風邪と異なるのは、自宅にカビがある場合、外出すると症状が消え、再び帰宅すると咳込んだり、息苦しい症状が出るなど、再び悪化するのです」(専門医)

 しかも症状の出現時期は、湿度が高くカビが繁殖する今頃。夏風邪と思って放置される場合が多いという。
 「カビは温度20〜25℃以上、湿度60%以上になると急速に増殖する」と言うのは、日本呼吸器学会系クリニックの浜田ちとせ院長だ。
 「症状は風邪に似ていて、咳が出る、微熱が続く、何となく息苦しいなどです。ただ、症状が出るのはカビが増殖している初夏(6月)から秋(10月)にかけてで、冬になると症状が治まります。本当の風邪なら2週間以内には治りますが、症状が長引く時は疑った方がいいでしょう」

 カビは水回り周辺に発生しやすいと述べたが、実は風通しが悪く湿気が多ければ、カーペットや畳の裏にも生える。集中豪雨などで床が濡れたまま放置されるような状況は要注意。発生場所は見えない隠れた場所の方が多いとされる。
 ただし、そうした状況でも家族全員が発症するわけではない。カビが放散する胞子を最低2年以上吸い続けていて、免疫抗体ができた人にアレルギー反応などの症状が出る。そのため、専業主婦や高齢者など、在宅時間の長い人ほど発症リスクが高い。

 また、前述の通りアレルギー性の肺炎なので、抗原(原因のカビ)から離れると症状が治まる。旅行などで3〜4日外泊して症状が消えるようなら、さらにこの病気の可能性が高いということになる。
 「ただし、他のアレルギーがある人に発症しやすいわけでもない。アレルギー反応にはI〜IV型の4種類があり、喘息や花粉症は主にI型、過敏性肺炎はIIIやIV型の反応で発症する。アレルギー反応の型が違うのです」(呼吸器系専門家)

 しかし、胸のレントゲンで撮影しても呼吸器専門医でないと診断が難しい。
 東京社会医療研究所の脇山博之医師が言う。
 「発症から5年も経つと、慢性化して『肺線維症』に移行する恐れがあります。こうなると肺の組織が硬く縮んでしまい、季節に関係なく、一年中、咳が出て息苦しい。進行すれば呼吸機能が低下して死に至ることもあります。決して甘く見ないでください。慢性化する前の急性の際、早く見つけることが大事です。疑いが強ければ、3日以上外泊してもらい、症状の軽減や抗体検査の結果などから総合的に診断することになります。いずれにしても、一度抗体ができて発症した人は、自宅や会社などの生活圏に原因のカビが発生している限り、毎年夏になると症状の出現を繰り返すようになります」

 “単なる風邪”と軽視し、放置すると怖いのは前述した通りで、慢性型に進展する恐れがある。そして、次第に肺胞が“線維化”し、硬く縮んで、「肺線維症」の状態に進行。この状態になると、肺を元の状態に戻せなくなるという。