「消えない思い」を胸に抱き続ける覚悟…なでしこ岩清水が再出発誓う

写真拡大

 女子W杯を戦った日本女子代表(なでしこジャパン)のDF岩清水梓が10日、ブログ(http://ameblo.jp/azusa1014/entry-12049000377.html)を更新して、現在の心境を綴った。

 岩清水は決勝トーナメント進出を決めていたグループリーグ第3戦のエクアドル戦以外の6試合で先発出場。なでしこの快進撃を守備面で支えた。

 しかし、5日のアメリカとの決勝戦、なでしこは開始16分で4失点するなど、2-5で完敗。前半14分のミスが失点に繋がった岩清水は、同33分に途中交代。ベンチに帰ると人目をはばからず号泣した。

 7日に帰国したなでしこジャパン。成田市内のホテルで取材対応が行われたが、岩清水は多くを語ることはなかった。

 『感謝。』と題したブログを更新した岩清水は、「ご無沙汰です。お待たせしましたでいいのかな。すみません」と書き始める。ブログには多数のコメントが寄せられており、「試合が終わってすぐは読めませんでした。読めたのは木曜日くらいから。しかしたくさん書き込みしてくれたので、まだ読みきれておりません。でも一字一句逃さず読んでます!まだ途中です」と感謝した。

 岩清水は10日から所属する日テレ・ベレーザの練習に合流した。「クラブスタッフにも、もちろんチームメイトにも『おかえりー!』と迎えてもらって笑顔で「ただいま」と言えました。それもこれも、みなさんのおかげと思います!」と切り替えも強調する。

 複雑な思いは簡単にはぬぐえない様子だが、「消えない思いはそのままですが。そのままでも前に進むことにしました。また代表に選んでもらえるよう、がんばります。またあのステージに立てるように。『次はアメリカに勝つ』。この思いは忘れずに毎日がんばります」と再出発を誓った。