2種類のワイヤレス接続、フル充電で最大2か月駆動

写真拡大

パソコン(PC)用周辺機器などを扱うロジクール(東京都港区)は、ワイヤレスマウス「ロジクール MX Anywhere 2(エムエックス・エニウェア・ツー) ワイヤレス モバイルマウス MX1500」を2015年7月16日に発売する。「ロジクールオンラインストア」での直販価格は1万130円(税別)。

「Pico Unifying」と「Bluetooth Smart」2種類のワイヤレス接続対応

同社のハイエンドモデル「MX MASTER MX2000」のコンパクト版。デザイン性を高め、手の大きさや男女に関係なく、持ち手にフィットして快適な操作ができる。「Darkfield レーザーセンサー」を読み取りセンサーに採用し、光沢のあるガラステーブルや空港ラウンジ、新幹線の机など、通常のマウスでは機能しない表面でもスムーズかつ快適に使えるという。

ワイヤレス接続は、付属の「Pico Unifyingレシーバー」、「Bluetooth Smart」の2種類から選べる。背面の「Easy-switch」ボタンで、PCなど最大3台の対応デバイスとペアリングし、それぞれ簡単に切り替えできる。「Logicool Options」ソフトウェアを使えば、各ボタンのカスタマイズが可能だ。

充電式バッテリーを内蔵し、1分間の充電で約1時間使用できるほか、1回のフル充電で最大2か月の駆動を実現した。対応OSは、Unifying接続がWindows 7/8、Mac OS X 10.8以降。Bluetooth Smart接続がWindows 8、Mac OS X 10.10以降。カラーはブラック。