男性が1日ハイヒールを履いて、生活してみたら・・・悶絶する結果に

写真拡大

女性がオシャレのために履くハイヒール。身長を高く見せたい、足を長く見せたい、ビシッとフォーマルに決めたい、などさまざまな女心が詰まっているもの。ですが、その履き心地はあまりいいとは言えません。

男性にはなかなか分からないハイヒールの履き心地。ブランドン・コーエンさんもその一人でした。彼はそれを理解するため、1日ハイヒールを履いて、生活する様子をYouTubeチャンネル「BroBible」でアップしました。
当初の目的は、ハイヒールを颯爽と履きこなし、そんなに辛いものではないと証明するはずだったのですが。物事はそう上手く運ばなかったようです。

早速、その様子をみていきましょう。

guy-heels-1いつものスニーカーを脱ぎ捨て、ハイヒールを履くと、思わず「Oh, God(おぉっ)」という小さな声が。guy-heels-2家を出て仕事に向かいます。ですが、すでに足に痛みを感じている様子。
guy-heels-3よろよろとおぼつかない足取りで、道を歩きます。スニーカーとは違い、早く歩くことはできません。guy-heels-4車で会社へと向かいます。運転する時も、ハイヒールは脱ぎません。ペダルを踏むのもひと苦労。(※日本では、各都道府県の道路交通法施行細則で若干異なりますが、おおむねサンダル・ハイヒールなどは交通違反になります)guy-heels-5会社に到着し、ようやく一息。guy-heels-6さて、お昼の時間です。外にお昼ごはんを食べにいくようですが、足の痛みで思わず車に寄りかかってしまいます。この実験をした今では、足が痛くて動けないというワガママにも聞こえていた女性の気持ちが理解できるかも。guy-heels-7お昼ごはんを買いにいくだけで、注目を浴びる彼。スマホで撮影する人も。guy-heels-8椅子に座る彼を前に、10代の子どもたちがスケボーに乗って通りすぎます。「Nice shoes, man!(お兄さん、いい靴だね!)」なんてからかう言葉も。guy-heels-9中には、「I really like your shoes(あなたの靴、とても素敵ね)」と声をかけてくる女性も。冗談ではない様子に、思わず彼も感謝の言葉を返します。guy-heels-11長い1日は、まだまだ続きます。仕事の買い出しのため、ショッピングモールに向かいます。guy-heels-12歩きながら、もう死にたいとさえ訴える彼。それほどまでに、足の痛みはひどい様子。

guy-heels-13ショッピングモールでインタビューを試みますが、立っていることすらできない様子。動画の中で彼は、ハイヒールは中国にあった“てん足”の現代版だと語ります。
(※中国では昔、足の小さな女性が美しいと考えられていたため、足が大きくならないよう布を巻く“てん足”という習慣がありました)guy-heels-15さて、やっと仕事が終わったようです。いつもなら、バーにいって踊ったりと自由な時間を楽しむのですが、あまりの痛みにもうこれ以上続けることができない様子。この実験は、19時15分に終わりを迎えました。guy-heels-14この動画から、ハイヒールを履いている女性への意識が変わった人も多いはず。少なくとも、実際の実験者であるコーエンさんは、ハイヒールを履いている女性を無下には扱わないはず。

動画は、こちらからご覧下さい。

Licensed material used with permission by BroBible