9日、AP通信によると、米ボストン美術館で、絵の展示に合わせて鑑賞者が着物を着られるイベントを行っていたが、一部の鑑賞者からの抗議を受けて中止した。この報道に、欧米のネットユーザーからは批判の声があがっている。資料写真。

写真拡大

2015年7月9日、AP通信によると、米ボストン美術館で、絵の展示に合わせて鑑賞者が着物を着られるイベントを行っていたが、一部の鑑賞者からの抗議を受けて中止した。

【その他の写真】

ボストン美術館は7日、印象派の巨匠のクロード・モネの油彩画「ラ・ジャポネーズ(着物をまとうカミーユ・モネ)」の展示に合わせて、着物を着て絵の前で写真撮影できるイベントを行っていたが、「人種差別的」で「帝国主義的」などとする批判を受けて中止した。同美術館は声明で、一部の鑑賞者にとって侮辱的だったことを謝罪し、現在も陳列している着物について、鑑賞者は着ることはできないが触ることができると述べている。

この報道に、欧米のネットユーザーからは批判の声があがっている。

「まったくもって人種差別でも帝国主義でもない。抗議した人たちは明らかに間違っている。美術館はイベントの中止も謝罪もするべきではなかった」

「最近はすぐに“人種差別主義者”だとか“偏見を持つ人”だといった言葉を安易に投げかける人がいる」

「どういう人たちが抗議したのかについては触れられていないね」

「どこが人種差別的で帝国主義的だというんだ?」

「信じられない!最近は何でもすぐに人種差別とみなされる。悪口の表現として人気があって使われすぎている」

「抗議した人たちはモネが嫌いなのか?」

「じゃあ日本人女性がブラウスとスカートを着て、モナ・リザの前でポーズを取ったら、差別なのか?」

「同僚が私に着物をプレゼントしてくれて、ぜひ着てほしいと言ってくれた。彼女は私を人種差別主義者にしようとしていたというの?」(翻訳・編集/蘆田)