チョ・ミンギュ、1日で11アンダーをマーク!あとちょっとで50台だったが…(撮影:ALBA)

写真拡大

<ミュゼプラチナム・オープン 2日目◇10日◇ジャパンメモリアルゴルフクラブ(7,012ヤード・パー71)>
 まさかのビッグスコアに自分でも驚きだ。「ミュゼプラチナムオープン」2日目に、チョ・ミンギュ(韓国)が自己ベストを更新する“60”のビッグスコアをたたき出し首位タイに浮上した。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 「全部良かったけど、特にパットが良かったね」と積み重ねたバーディは11個。INコースの前半だけで5つのバーディを奪い折り返すと、後半も勢い衰えずに6番までに4つバーディを決めた。さらに7番では10メートルを沈め後半5つ目のバーディを奪取。「50台もいけるかも」という予感すらさせた。しかし続く8番でバーディを奪えずで50台はお預けとなった。それでも気持ちを切らさず最終9番でピン側70センチにつけてバーディ締め、猛チャージの幕を閉じた。
 アテストを終えて取材エリアに来たミンギュは興奮冷めやらぬ様子。「50台、、、惜しかったですね。でも、このスコアでも僕は信じられないよ」と声を張り上げた。「50台は僕にとって“夢のスコア”。出したことありません。ハーフでならありますけどね(笑)」。絶好調のプレーに舌も滑らかだった。
 「でも、この喜びは今日で終わり。まだ半分ですし、優勝を考えるにはまだ早いです。明日からも1つずつ行きますよ」と気持ちを引き締めたミンギュ。2011年以来のツアー2勝目へ。決勝ラウンドでもこの勢いを維持したいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>