<ミュゼプラチナム・オープン 2日目◇10日◇ジャパンメモリアルゴルフクラブ(7,012ヤード・パー71)>
 「ミュゼプラチナムオープン」の2日目。主催者推薦で自身初のレギュラーツアーに挑戦した阪神タイガースの前監督・眞弓明信だったが、最下位で予選落ちとなった。
今季の国内男子ツアーを写真で振り返る
 「70台で回りたい」と目標を立てて臨んだこの日のラウンド。昨日は2つあったトリプルボギーはなく、何とかボギーでガマンし続けた。だが16番、「罠にはまった」と池ポチャで痛恨のダブルボギー。最終ホールでもボギーとし、スコアは“82”。トータル25オーバーで競技を終えた。
 それでも、7番ではピン横7メートルにつけると「ちょっとだけフックだったかな」とラインを完璧に読みきり今大会初バーディ。「1つは欲しかったので獲れてよかった。1つだけだったけどね(笑)」と甘いマスクをほころばせた。
 「この舞台で戦うには、まだ色々とやらなければいけないことがある」。明後日で61歳となるが、闘争心は増すばかり。「とにかく2日間楽しかったよ。またこういうチャンスがあれば挑戦したいね」。リベンジを誓い、クラブハウスを後にした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>