左足の負傷で離脱中の柴崎も予備登録メンバー入り。患部の痛みは引いているため、大会までには復帰できるだろう。 写真:サッカーダイジェスト写真部

写真拡大 (全3枚)

 8月2日に開幕する東アジアカップの予備登録メンバー50人が発表された。
 
 FCソウル所属の郄萩以外は国内組で、宇佐美(G大阪)や柴崎(鹿島)ら常連組のほか、ブレイク中の武藤(浦和)もリスト入り。リオ五輪を目指すU-22世代からは、遠藤(湘南)、植田(鹿島)、櫛引(清水)らが選出された。クラブ別では、G大阪が最多の8名、川崎が6名、浦和と広島から5名が選ばれている。
 
 東アジアカップは、4チームによるリーグ戦で行なわれる。日本代表は2日に北朝鮮との初戦を迎え、5日に韓国、9日に中国と対戦。柿谷(バーゼル)らが出場した前回大会は、2勝1分で優勝しており、連覇が目標となる。
 
予備登録メンバーは以下のとおり。
GK
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和)
六反勇治(仙台)
林 彰洋(鳥栖)
権田修一(FC東京)
櫛引政敏(清水)
 
DF
水本裕貴(広島)
丹羽大輝(G大阪)
米倉恒貴(G大阪)
藤春廣輝(G大阪)
武岡優斗(川崎)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
太田宏介(FC東京)
塩谷 司(広島)
車屋紳太郎(川崎)
大武 峻(名古屋)
昌子 源(鹿島)
植田直通(鹿島)
松原 健(新潟)
山中亮輔(柏)
川口尚紀(新潟)
岩波拓也(神戸)
 
MF
今野泰幸(G大阪)
大森晃太郎(G大阪)
柴崎晃誠(広島)
青山敏弘(広島)
大谷秀和(柏)
高萩洋次郎(FCソウル/韓国)
藤田直之(鳥栖)
柏木陽介(浦和)
遠藤 康(鹿島)
柴崎 岳(鹿島)
山口 蛍(C大阪)
米本拓司(FC東京)
森岡亮太(神戸)
谷口彰悟(川崎)
遠藤 航(湘南)
喜田拓也(横浜)
 
FW
大久保嘉人(川崎)
豊田陽平(鳥栖)
興梠慎三(浦和)
武藤雄樹(浦和)
小林 悠(川崎)
倉田 秋(G大阪)
宇佐美貴史(G大阪)
永井謙佑(名古屋)
川又堅碁(名古屋)
杉本健勇(川崎)
浅野拓磨(広島)