ダイエット方法はいろいろありますが、夏場は食べるものも涼しくカロリーオフしたいものです。夏に一番おススメのダイエット方法は氷こんにゃくダイエット。氷こんにゃくの栄養素と、作りかたについてお教えします。

氷こんにゃくは食物繊維たっぷり

こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維がたっぷり含まれていてしかも低カロリー。300gのこんにゃく1枚は15kcalです。食物繊維は腸の活動を活性化して便秘を解消する働きがあります。ただし、こんにゃくにはほかの栄養素を含まないので、栄養バランス不足になることがあります。こんにゃくだけに頼らず、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、などを補給できるように、魚肉類、乳製品、野菜・果物も摂りましょう。

氷こんにゃくの作りかた板こんにゃくを料理にふさわしい形にカットします。こんにゃくをタッパーなどの容器やビニール袋に入れたり、サランラップに包んだりして1日冷凍庫で凍らせます。こんにゃくが完全に凍ったら、使用する際に、熱湯をかけるか電子レンジで解凍します。時間のある人は自然解凍でもOK。中までしっかり解凍されているか確認してください。解凍したこんにゃくの水分をキッチンペーパーなどで絞ります。味のしみ込みや油はねのことを考えてしっかり絞ってください。ダイエットにおいしい氷こんにゃくを

氷こんにゃくは、食物繊維が凝縮されるので、歯ごたえがアップ。水分が抜けているので、調理したときに調味料の味がしみ込みやすくなります。こんにゃくを冷凍するだけで、お肉のような食感が味わえるのもうれしいですね。ダイエットにこんにゃくを食べている人は、普通のこんにゃくを食べるよりも満足感が得られます。調理は肉と同じように焼いたり、炒めたりしてください。から揚げにしても美味しくいただけます。


writer:松尾真佐代