日本代表、連覇狙う東アジア杯の暫定登録50名発表…大久保ら、最多はG大阪から8名

写真拡大

 10日、東アジアサッカー連盟は(EAFF)が、8月1日から開幕するEAFF東アジアカップ2015に出場する日本代表の50人暫定登録リストを発表した。

 メンバーは国内組が中心で、ガンバ大阪のFW宇佐美貴史や鹿島アントラーズのMF柴崎岳、浦和レッズのDF槙野智章などが選出。また、川崎フロンターレ所属のFW大久保嘉人や浦和レッズのFW武藤雄樹なども加え、J2からセレッソ大阪のMF山口蛍が名を連ねた。なお、FCソウルのMF高萩洋次郎が、海外から唯一選ばれている。

 チーム別はG大阪が最多の8名、川崎が6名で続き、浦和と広島が5名選出されている。

 日本代表は、2013年に韓国で開催された前回大会で初優勝を果たした。連覇を目指す今大会は、日本、中国、韓国、北朝鮮の4チームによって総当り戦が行なわれる。日本代表は、8月2日に北朝鮮と、同5日に韓国と、同9日に中国と対戦する。

 発表されたメンバー50名は以下の通り。

▼GK
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)
六反勇治(ベガルタ仙台)
林彰洋(サガン鳥栖)
権田修一(FC東京)
櫛引政敏(清水エスパルス)

▼DF
水本裕貴(サンフレッチェ広島)
丹羽大輝(ガンバ大阪)
槙野智章(浦和レッズ)
森重真人(FC東京)
太田宏介(FC東京)
米倉恒貴(ガンバ大阪)
藤春廣輝(ガンバ大阪)
塩谷司(サンフレッチェ広島)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
松原健(アルビレックス新潟)
山中亮輔(柏レイソル)
川口尚紀(アルビレックス新潟)
岩波拓也(ヴィッセル神戸)
植田直通(鹿島アントラーズ)
武岡優斗(川崎フロンターレ)
大武峻(名古屋グランパス)

▼MF
今野泰幸(ガンバ大阪)
柴崎晃誠(サンフレッチェ広島)
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
高萩洋次郎(FCソウル/韓国)
藤田直之(サガン鳥栖)
柏木陽介(浦和レッズ)
遠藤康(鹿島アントラーズ)
山口蛍(セレッソ大阪)
米本拓司(FC東京)
森岡亮太(ヴィッセル神戸)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)
遠藤航(湘南ベルマーレ)
大谷秀和(柏レイソル)
大森晃太郎(ガンバ大阪)
喜田拓也(横浜F・マリノス)

▼FW
大久保嘉人(川崎フロンターレ)
豊田陽平(サガン鳥栖)
興梠慎三(浦和レッズ)
小林悠(川崎フロンターレ)
倉田秋(ガンバ大阪)
永井謙佑(名古屋グランパス)
川又堅碁(名古屋グランパス)
宇佐美貴史(ガンバ大阪)
杉本健勇(川崎フロンターレ)
浅野拓磨(サンフレッチェ広島)
武藤雄樹(浦和レッズ)