ホンダは15日、同社労組の要求する一時金、満額6・4カ月を受け入れたと発表した。同社の吉見幹雄常務取締役は、「今期の業務見通しと要求水準、ならびに従業員の今後の頑張りへの期待を総合的に勘定し、満額で回答することにした」とコメント。明日発表が予定されるトヨタと日産も一時金満額回答が確実と見られている。【了】