公式Webサイトより

写真拡大

アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が今冬に公開予定であることが、総合週刊誌『週刊文春』2015年7月16日号にて報じられ話題になっている。

【『シン・エヴァンゲリオン劇場版』今冬公開か 宇多田ヒカルが新曲制作中の画像・動画をすべて見る】

同誌では、7月3日に男の子を出産したことを自身の公式Webサイトにて公表した歌手・宇多田ヒカルさんについて特集。

その特集の最後では「今年の冬公開予定の『ヱヴァンゲリヲン』完結編に合わせた新曲も制作中とのこと。」と、最新作の公開時期について触れるとともに、宇多田さんが新たに主題歌を手がけることも示唆されていた。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの完結編


『週刊文春』2015年7月16日号

『週刊文春』2015年7月16日号



『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、2007年より公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの完結編にあたる作品。

2012年の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公開時にすでに制作が発表されていたが、公開時期に関しては、長らくの間明らかになっていなかった。

同シリーズを手がける庵野秀明監督は、本作に関して、公式Webサイトにて4月の時点で以下のように語っている。

旧エヴァの放送から20年後の今、すでに2年以上もお待たせしている、シン・エヴァンゲリオン劇場版の完成への実現に向けた作業も、なんとか進められています。
僕の周囲の方々、そしてアニメファンの皆様が、再び完結に向かうというモチベーションを支えてくれているからです。本当に、感謝します。
そして、皆様から、シン・エヴァの公開まで今しばらくの時間をいただければ、幸いです。庵野秀明監督


現時点では、まだ公開時期に関して公式発表は行われていない。アニメ誌でもない一般的な週刊誌で、かつ大々的なスクープとして扱われているわけでもないため、単なる誤報の可能性も疑われているが、ファンとしては続報に期待したいところだ。