大相撲7月(名古屋)場所が12日に初日を迎える。注目は、何と言っても新大関・照ノ富士(伊勢ヶ濱部屋)だ。夏場所で初優勝を飾り、三役をわずか2場所で通過する異例のスピード昇進を果たした。昇進伝達式での口上では「さらに上を目指して精進いたします」と述べた。

「横綱にはなりたいと思ってなれるものではない。自分で選ぶのではなく。神様が選ぶもの。これから選ばれるように頑張りたい」と意欲を露(あら)わにする照ノ富士。過去、横綱昇進まで大関の在位が最も短いのは、北の湖、千代の富士、朝青龍の3場所。いずれも優勝20回を超える3人の大横綱を上回る最短記録の更新はなるのか。師匠の伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)の言葉からその可能性を探る。

 伸び盛りの力士を角界では「寝て覚めてまた強くなる」と評される。今年に入ってからの照ノ富士は、まさにこの表現がピタリと当てはまる。東前頭2枚目で迎えた1月場所を8勝7敗で勝ち越して敢闘賞を受賞すると、一気に新関脇に昇進して迎えた3月場所で横綱・白鵬を倒し13勝2敗で準優勝。そして、5月場所で念願の初優勝を飾った。目に見えた進化を伊勢ヶ濱親方は「相撲が速くなったところがいい」と評価する。

 象徴的な一番がある。同じモンゴル出身でともに鳥取城北高校へ相撲留学し、角界入りしたライバル、逸ノ城(湊部屋)との対戦だ。1月場所と3月場所は、同じ右四つがっぷりに組んで平成以降では初の2場所連続の水入りとなった。ファンは「熱戦」「大相撲」と拍手喝采だったが、師匠は「あれは、最もダメな相撲」と切り捨てた。

「右の相四つだからがっぷりになるのは仕方がない。そこから腕を返す、腰を寄せる、相手の上手を切るなどの工夫もなく、無策と技術のなさを露呈した」と師匠は見る。そして、続ける。「何より攻めが遅い。がっぷりになるのはわかっているんだから、早く先手を打たないといけない。工夫がない」。

 迎えた5月場所。師匠の教えを受て臨んだ、4日目に組まれた逸ノ城戦。右からの張り差しで右四つになると、相手が右から下手投げを打ったところを逃さなかった。左からの投げを打ち、200kgを超す巨体を揺さぶり一気の上手投げで勝負を決めた。時間はわずか8秒。「休まず攻めれば、自分の形になる。間を置くと相手に付け入る隙を与える」と師匠。その教えをすぐに本場所の土俵で実践した白星に、大いなる進化が表れていた。

 一方で綱取りへ伊勢ヶ濱親方は「右四つの型があるんだから、それを磨かないといけない。横綱になる人は、みんなそれぞれ自分の型があるからね」と語る。確かにそうだ。大関を3場所で通過した3人で言えば、北の湖には絶対的な右上手、千代の富士には左前まわし、朝青龍なら速攻という絶対的な武器があった。しかし、照ノ富士にはまだ、そこまでの型がないと師匠は指摘する。

「自分は右でも左でもどっちでも取れますし、どっちが得意とかないんですよね」と照ノ富士は言うが、これは相撲界の定説で"なまくら四つ"と揶揄(やゆ)され、いわゆる器用貧乏で大成しないと言われる。絶対の右四つ左上手の型を完成させない限り綱への道は険しいと師匠は案じているのだ。

 ただ、歴代の横綱で例外がいる。優勝32回を記録した昭和の大横綱、大鵬だ。左右どちらの四つでも取れ、さらに突き押しも強烈な万能型の大鵬は、現役時代「形無し」などと批判の的になった。しかし、そのオールラウンドの天才的な取り口で32回もの賜杯を抱いたのだ。今の照ノ富士には大鵬に迫る可能性を感じることができる。それは、他の力士にはない大胆な発想と自分の力へのみなぎる自信だ。三役に上がる前、こんな話をしたことがある。

「対戦相手でやりやすいのは、絶対にこの形で来るっていう相手ですよ。だって、作戦が立てやすいじゃないですか」

 自分にとって、けんか四つとなる左四つの相手もまったく気にならない。左を差してくることがわかっているから、脇を差されて自分が不利になっても慌てることがない。実際、夏場所では左四つが絶対の稀勢の里(田子の浦部屋)、琴奨菊(佐渡ヶ嶽部屋)を相手に左を差されても力でねじ伏せてしまった。他の力士では考えられない発想と力に、3場所を抜く史上最速の大関2場所で、横綱へ駆け上がる可能性を感じてしまうのだ。

「すべては本人次第。自分がどれだけ努力するかにかかっている」と伊勢ヶ濱親方は言った。実際、才能ある力士も大関に昇進した途端にあぐらをかき、その地位に甘んじることが多い。しかし、照ノ富士は違う。部屋には尊敬する兄弟子、安美錦がいる。横綱・日馬富士がいる。何より横綱まで極めた師匠の指導は、大関に上がっても手を弛めることはなく、否応なしに精進を強いられる。その環境がさらに綱への道を近くするだろう。

 毎年、過酷な暑さが話題となる7月場所。今年は照ノ富士が、土俵の上を熱くする。

福留崇広●文 text by Fukutome Takahiro