北村諒、考えすぎずに“ふんわり”生きていく「演技も直感を大事にしてます」
勢いを緩めることなく走り続ける俳優、北村諒。7月24日から上演される多次元プロジェクト“The Fool”の舞台『ひと夏のアクエリオン』に出演する。LiveAct(俳優)とLiveVoice(声優)が同時にステージ上で共演する話題の作品。この夏、新たな試みに挑戦する彼に、舞台にかける思いや意気込み、そして気になる“ちょっとヲタク”なプライベートを聞いた。

撮影/すずき大すけ 取材・文/花村扶美
ヘア&メーク/永瀬多壱(VANITES)

「人付き合いが苦手」という共通点



――『ひと夏のアクエリオン』は、高校の演劇部が舞台ですね。今回、波瑠斗役を演じる上で意識していることは何ですか?

波瑠斗は、知的でクールな高校生。でも、何気なく言った言葉が相手を傷つけてしまうことがあるので、イヤなヤツに見えないように気をつけています。だって…波瑠斗の第一声が「おはよう。愚民ども」なんですよ。

――このセリフはビックリしました(笑)。

そういう、波瑠斗の世間からズレてる感覚がちょいちょい垣間見えるので、お客さんの反応も楽しみです。

――波瑠斗は、人づきあいが苦手なんですかね?

不器用なほうだと思います。明るく振舞うのも苦手だし、おちゃらけることもできない。僕もあまり人づきあいが得意なほうではないので、波瑠斗に共鳴するところがあります。

――そうなんですか!? 意外です。

ふたりだと話せますが、大人数となると会話に参加できなくなっちゃいます。波瑠斗はそれとはまた違いますが、みんなの輪に積極的に入っていけないところは、似ているのかなって思います。

――ほかに共感できるシーンはありますか?

波瑠斗は、小玉百夏さん演じる優花に好意を持っているんですけど、好きな子とふたりだけになると冗談を言ったり、ちょっかいを出すところ。(安達)勇人演じる拳一と優花との三角関係に悩んだり、高校生らしい葛藤もあるんですよね。

――北村さんも通った道ですか?

学生時代、僕も通りました(笑)。

――性格もキャラクターも相反する挙一を演じるのは、安達勇人さんです。

勇人自身、本当に明るくはつらつとしているんですよ。僕とは真逆のタイプで。だから、天真爛漫なところはうらやましいなと思うときがあります。そのままその気持ちが舞台上で出れば、波瑠斗と拳一の関係性にもつながると思います。

――波瑠斗は「演技は計算タイプ」、優花は「役が降りてくるタイプ」ですが、北村さん自身はどちらのタイプですか?

どちらかと言うと“降りてくる”ほうなのかな。もちろん稽古のときに、次はああしようとか計算してはいますが、本番は直感を大事にしていますね。

――舞台が終われば、その役は引きづらない?

はい、舞台から降りたらフッといなくなります(笑)。演じてる役がどこかへ行ってしまうんです。



東堂ファンも必見! 声優・柿原徹也と共演



――波瑠斗に乗り移る魔導士・ガレの声を、声優さんが当てるということですが、声に合わせて体で表現するのは難しいですか?

最初は馴染みがなかったので、違和感がありました。ただ僕は、“The Fool”の第1回公演の『ノブナガ・ザ・フール』にも出演させていただいたので、そこでコツはつかめたと思います。

――前回はLiveActにはまったくセリフがなく、LiveVoiceがセリフの担当でした。

僕たちは、声優さんが当ててくれた言葉で芝居をするんですけど、すごく不思議な感覚に陥ったのを覚えてます。何か見えない力に引っ張られているような…。すごく新鮮だし、演じていて楽しかったですね。

――今回の公演、LiveVoiceは日替わりになってますね。

声が変わるので演じ方も変わってくると思います。舞台は生ものなので、本番、声を聞いて直感でやるしかないですね。

――アドリブで、声優さんに遊ばれたりして(笑)。

そういうシーンもあるだろうと覚悟しているので、逆に楽しみにしています(笑)。

――ガレ担当の声優さんのなかには、柿原徹也さんがいらっしゃいますね。

そうなんです。僕は舞台『弱虫ペダル』で東堂尽八役を演じさせていただいていますが、アニメ版の尽八役である柿原さんと共演できるということで、今から楽しみです!

――柿原さんに直接お会いしたことは?

まだです。でも、先日『あんさんぶるスターズ!』というアプリの収録のときに、声優の伊藤マサミさんと一緒だったんです。僕が「柿原さんと今度共演するんです」というお話をしたら、伊藤さんが「距離の縮め方がスゴいよ」「グイッてくるけど、いいヤツだよ」って(笑)。

――柿原さんは、帰国子女ですもんね。

僕が人見知りなので、グイグイ来てくださるのは、願ったり叶ったりです(笑)。

――さて、盛りだくさんの舞台ですが、特に注目して欲しいシーンはありますか?

あまり多くは語れないですけど、最後、波瑠斗が本音をぶちまけるシーンが見せ場かなと。すべてが集約されている気がします。台本を読みながら、僕も波瑠斗を愛おしく思いましたから、お客さんにもそう感じてもらえたらうれしいですね。

――公演を楽しみに待っているみなさんにメッセージをお願いします。

アクエリオンのテーマが“合体”だったりするんですけど、今回の舞台は1万2千年前の魂が今を生きる高校生に憑依することで合体を表現しています。普通の舞台では観られない、エンタメ溢れる作品になっていると思います。ストーリー自体も胸にグッとくる内容になっていますので、アクエリオンを知らない方も、ぜひ観に来てほしいです。